小関裕太・武田玲奈・高橋ひとみも出演決定!ドラマ「おじさまと猫」の追加キャストが発表

2021年1月よりテレビ東京系列などで放送されるドラマ「おじさまと猫」。その作中で主人公と猫を温かく包み込む5名のレギュラー共演者が発表されました。

ポスタービジュアルも公開

「おじさまと猫」は漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんが、WEB雑誌や少年漫画雑誌などで連載している人気の猫マンガ。

ペットショップで売れ残っていたエキゾチックショートヘアの成猫「ふくまる」と、妻に先立たれたショックから立ち直れずにいたピアニストが、一緒に暮らしていく中で互いの心のすき間を埋めていく様子を描いた心温まる感動ストーリーで、登場キャラクターの心情に共感してうるっときてしまう人が続出。

新刊が発売されたばかりのコミックは累計140万部を超える大ヒットを記録しているほか、2021年1月6日(水)からは実写化したドラマの放送が決定しています。

12月11日に刊行された第6巻

元ピアニストの主人公・神田冬樹役は俳優の草刈正雄さん、主人公の愛猫・ふくまるの声役には神木隆之介さんの起用が既に報じられていましたが、このたび新たにレギュラー共演者が公開。



主人公の神田が勤めている音楽教室の同僚・森山良春役を、舞台『ミュージカル・テニスの王子様』や映画『曇天に笑う』などに出演している俳優の小関裕太さんが、売れ残っていたふくまるを誰よりも心配していたペットショップの店員・佐藤もみじ役には、ファッション誌「non-no」の専属モデルで、映画『ポエトリーエンジェル』『パパのお弁当は世界一』などで主演を務めている武田玲奈さんがそれぞれ演じることが決定しました。

小関裕太/武田玲奈/平山浩行/高橋ひとみ/升毅

ギタリストの役作りに細やかなところまで心がけたという小関さんは、「神田先生と出会うシーンは要チェック」とドラマの見どころについて語っているほか、もともとネコ好きで原作を読みボロボロ泣いてしまったという武田さんは「猫あるあるなどの共感や感動が詰まっている」と動物好きの人に向けたメッセージを寄せています。

その他にも、神田をライバル視しているピアニスト・日比野奏役を名バイプレイヤーの平山浩行さん、神田の亡き妻・神田鈴音役はベテラン女優の高橋ひとみさんが、幼少期からの神田の親友・小林夏人役には個性派俳優の升毅(ます たけし)さんが起用されるなど、経験豊富な共演者が集結。犬や猫を飼っているため作品に共感できる部分が大きいと語る3名の演技にも注目が集まります。

本ドラマはテレビ東京とテレビ大阪で2021年1月6日(水)より毎週水曜日の深夜0:58~1:28に放送。BSテレ東でも放送が予定されているほか、動画配信サービスの「Paravi(パラビ)」では一足先に2021年1月1日(金)21:00より独占先行配信が開始される予定となっています。

<参考>
ブサ可愛い猫の声を演じるのは…神木隆之介!連続ドラマ「おじさまと猫」のねこ役が発表
ミャンマーの猫が湖で豪快にダイブ!映画「岩合光昭の世界ネコ歩き」第2弾の予告映像が公開
ドラマ『極主夫道』8話に登場するスイーツ店は猫一色!装飾を手掛けたアーティストは誰…?

写真:Ⓒ「おじさまと猫」製作委員会
書影データ・原作画像:ⒸUmi Sakurai/SQUARE ENIX

最近の投稿