人間の年齢で100歳に相当する美魔女猫の「あなご」が逝去、18日までお別れの場を提供中

猫映画ブームの火つけ役となった動物時代劇「猫侍(ねこざむらい)」で主役を務めた白猫の「あなご」が、8月13日未明に亡くなったことを所属する動物プロダクションが明らかにしました。

人気猫「あなご」の写真
(C) ZOO JAPAN CO.,LTD

「あなご」は大きくてグリーンの瞳が印象的なメスの白猫。

これまでにNHKの「あさイチ」やフジテレビの「SMAP×SMAP」といったテレビ番組をはじめ、ソフィ「はだおもい」やアフラックなどのCMに出演しているほか、2013年から始まった北村一輝さん主演のテレビドラマ&映画「猫侍」の玉之丞役としても有名で、テレビや雑誌、インターネットなどで一度は見かけたことがあるという人も多いのでは。

北村一輝と猫のあなご by 猫侍
(C) 猫侍 製作委員会

昨年11月には東京・有楽町にある映画館「丸の内ピカデリー スクリーン1」で行われた「ネコデミー賞授賞式」にも出席。Y!mobile ふてニャンシリーズのテレビCMで人気の「春馬」、大ヒットドラマの猫忍で役者猫デビューし様々なCMで活躍する日本猫の「金時」、映画旅猫リポートの主演猫「ナナ」ら豪華スター猫と一緒に登場し、スペシャルプレゼンターとして元気な姿を見せていました。



 

先月の7月5日には21回目の誕生日を迎えたばかりで、多くのファンがZOO渋谷スタジオに訪れて祝福。中には関西方面から泊りがけで駆けつけた人もいたほどで、たくさんのプレゼントを贈られて相変わらずの人気ぶりを披露していました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ズージャパンさん(@zoo_pr)がシェアした投稿

しかし猫の21歳と言えば、人間の年齢に換算すると100歳に相当するほどの高齢。

一般社団法人ペットフード協会の調査でも2018年の猫の平均寿命は15.32歳で、それより5〜6歳も長生きしたことになりますが、お世話をしていたスタッフの方によると、病気もせずいつも美しいアイドル猫として皆を癒やしてくれる存在だったのだとか。

そんな「あなご」も最近はのんびりと静かに過ごし、最後は普段過ごしている自分のベッドで静かに眠るように虹の橋を渡っていったと言います。

公式ブログのコメント欄には「楽しませてくれてありがとう」「猫侍を見てから大大大ファンでした」「ずっと涙が止まりません」「安らかに眠ってね」など、あなごちゃんに癒やされたり元気をもらったファンの人からのメッセージが続々と書き込まれており、多くの人に愛されていた様子がうかがえます。

ZOO動物プロによると「あなご」ちゃんの見送りはすでに終わっていますが、これまで応援してくれたファンの人々に感謝の気持ちを込めて、8月18日まで渋谷のZOOスタジオにてお別れの場を提供しているとのコメントを発表しています。

期間:2019年8月15日(日)〜8月18日(日)
時間:10:00~18:00
場所:ZOOスタジオ
住所:渋谷区南平台3-5 Jazoo渋谷302
  ※オートロックで202を呼び出し

参考:スター猫が猫の日に記者会見、猫侍のあなご&猫忍の金時

最近の投稿