猫の年齢(早見表・換算表)

日本人の平均寿命は80歳を超えますが、猫の寿命は15歳くらいと言われており、とても早いスピードで成長していくため、人間とは時間の流れる早さが全く違います。

しかし、生まれてから成長期を経て、大人になり、やがて老いていくのは人間と同じですので、猫の現在の年齢から人間に例えるとどの成長段階にあり、どのようなケアが必要になるのかということは、猫を飼う方であればイメージを持っておいたほうがよいでしょう。

 


猫の年齢早見表(人間年齢換算表)

猫の年齢を人間の年齢に換算する何歳になるのか?という点については、猫の種類や環境など個体差があり、計算方法も多くのパターンがあるので一概には言えませんが、一例を挙げると以下のようになります。

猫の年齢 人間の年齢 成長段階
2週間 半年 子猫(成長期)
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1歳 17歳 成猫(成人期)
1歳半 20歳
2歳 23歳
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳
7歳 44歳 高齢猫(高齢期)
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳 超高齢猫(超高齢期)
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳
※以降、猫年齢1歳につき人間年齢を4歳加算して推計

子猫(0歳〜1歳)

この時期は誰かの助けがないと生きていくことが難しい時期です。特に生後2週〜9週は「社会化期」と呼ばれる時期で、この間に色々な体験をさせておくと、社交的で人間社会で飼いやすい猫になる大切な時期です。また、生後4ヶ月〜5ヶ月ごろには発情し、交尾をすると非常に高い確立で妊娠しますので、繁殖を望まないのであれば去勢や避妊の時期を検討しなければいけません。

成猫(1歳〜7歳)

猫は1歳でもう大人になってしまいます。子猫用だったフードを成猫用に変えて、肥満にならないようにご飯のあげ過ぎに注意したり、運動不足になるのを防ぐため適度に遊んであげる必要があります。7歳くらいまでは気力・体力ともに一番充実する時期です。

高齢猫(7歳〜)

少しずつ老化が始まる時期です。老化の現象は外見上にはなかなか表れにくいので、見た目的には大丈夫そうであっても定期的に体調をチェックしてあげる必要があります。成猫用のフードは高齢猫用に変え、体の衰えが目立つようになってきたら、段差を少なくしてやるなど体の変化に環境を合わせていかなければなりません。

 

家猫と外猫の年齢早見表

海外の猫情報サイト「catster.com」によると、家で暮らす猫と外で暮らす猫では大きく寿命が異なるため、それぞれ時間の流れる早さが違うと考えることができます。

以下の図は、家猫と外猫の年齢をそれぞれ人間年齢に換算したものです。外側にある濃い茶色(OUTDOOR)が外で暮らす猫の年齢、その内側にある薄い茶色(INDOOR)が家で暮らす猫の年齢、さらにその内側にある白地に青字の数字は生まれてから経過した期間を表しています。

室内飼い×外飼いの年齢早見表引用:catster.com

これによると、生後2年経過したら猫年齢は人間換算で24歳になる、というところまでは家猫と外猫で全く同じですが、そこから徐々に差が開きはじめ、8年経過すると家猫の年齢は48歳ですが、外猫の年齢はすでに72歳です。さらに14年経過すると家猫は72歳ですが外猫は120歳と50歳以上も差が開いています。

外で暮らす猫は室内で暮らしている猫に比べて、病気や事故で亡くなってしまう可能性が高くなるので、それが原因で平均寿命が押し下げられると考えられます。ただし、この図では外猫の定義が不明瞭で、データの集計対象も日本ではありませんので、あくまで参考程度にご覧ください。

猫の年齢に関連するニュース

猫の寿命・平均寿命
猫の鳴き声・猫語
猫の知識&雑学