愛猫・愛犬が遊びたくなる機能が充実ニャ!球体型ロボット「easyPlay(イージープレイ)」

外出先からでも遠隔操作で愛猫と遊べるペット用のおもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」が6月より、最新ガジェットなどを販売しているECサイト「GLOTURE.JP」で発売されています。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」
easyPlay(イージープレイ)

イージープレイは日中、家族が出かけているためペットの様子を確認したり遊んであげることが難しい…そんな飼い主さんのために開発された球体型ロボットで、内部には餌入れ容器やカメラなどを内蔵。WiFiに接続して専用アプリを操作することで、外出中でもペットとコミュニケーションをとって身近に感じることができるさまざまな機能が搭載されています。

球体の形をしているのでペットが自ら転がして遊ぶこともできますが、下の方にある車輪をアプリで動かして走らせることも可能。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」の製品構造
イージープレイの製品構造

重心が下の方にあるため転がしても車輪が地面に戻ってくるように設計されているほか、内蔵されているカメラの映像はアプリ側でリアルタイムで見ることができるので、飼い主さんは部屋の様子をスマホで見ながらボールのスピードや方向を調整したりして、家の外にいながらペットと一緒に遊んであげることができます。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」のカメラ操作画面
操作画面イメージ

ボールに内蔵されたカメラは、アプリを操作して写真や動画を撮影することもできるので、ペットの遊んでいる様子を撮影してSNSに投稿するといった楽しみ方も。


 

また本製品は、愛猫や愛犬がおもちゃに興味を示してくれない…といった場合に備えて、オヤツをモチベーションにして遊べるよう設計。

フタを外して中の餌入れ容器にオヤツを入れておくと、ボールを転がしている間にポロッと出てくる仕組みになっているため、ボールを転がして遊べば遊ぶほどご褒美がもらえることから、オヤツをきっかけにボールで遊ぶことを促しペットの運動不足解消をサポートできるのが特徴です。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」の餌入れ容器
フタを開けてオヤツをストック

逆に時間を決めてオヤツをあげたい場合は専用アプリから遠隔操作でご褒美をあげる事も可能。

ボールにはマイクやスピーカーも内蔵されており、オヤツが出てくることを教えてあげても興味を示さない場合は、飼い主さんの声で呼びかけて注意を引きつけることができるほか、猫ちゃんが好きな特性の羽の玩具を取り付けることもできます。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」の使用イメージ
職場からも話しかけられる♪
ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」を見つめる猫
羽の玩具には目がないのニャ

一方、この手の玩具は「どれだけペットが遊んでくれたのか?」実感を得るのが難しいものですが、イージープレイでは、ボールの動きからペットがどれだけ運動したかを記録。

遊んだ時間や消費カロリーを専用アプリで確認することができ、1日の運動量の目標を設定したり、その進捗を確認したりすることもできるようになっています。

ペット用の球体型おもちゃ「easyPlay(イージープレイ)」のアプリ画面イメージ
アプリは日本語に対応済み

ボールの操作モードには「自動」と「手動」があるので、家に一緒にいるけれど構ってあげる時間がない時などには、自動モードにしておくとイージープレイがペットの遊び相手をしてくれます。

サイズは直径約15cmほどの大きさで、重さは約1.1kg。
GLOTURE.JP上の価格は23,800円で、国内に在庫がある場合は発注から1週間ほどで発送される予定となっています。

(C) Gloture

最近の投稿