風神雷神を「ネコ」に置き換えて描くと…どんな感じ?日本画家・大矢亮氏の個展が大阪で開催

日本画家・大矢亮(おおや あきら)さんの展覧会「大矢亮日本画展 -温故知楽-」が10月21日より、大阪市中央区にある百貨店大丸心斎橋店のギャラリーで開催されます。

大矢さんは愛知県立芸術大学で長年模写事業に携わった経験を生かし、絹本制作や模写などの古典技術に裏付けられた新しいスタイルの日本画を制作している画家で、夢の世界や想像の世界を絵にすることを得意としています。

これまでに全国の百貨店などで作品展などを行っていますが、このたび関西では初めてとなる個展を開催。

花鳥風月を題した王道とも言える日本画と江戸絵画に見られるユーモラスな画題や、縁起の良いものをテーマに描いた吉祥画を、得意モチーフである『猫』に置き換えて描いた作品などが展示販売されています。

「雷猫・風猫図」12号 絹本/660,000円


展示される作品は、昨今改めて注目されている絹に描いた絵画(絹本)が中心。

絹本制作は天然絵具の発色と伸びが良いことに加えて、絵の裏側からも彩色することにより、画面の厚みを抑えながら奥行のある上品な仕上がりになるのが特徴で、作品を貼り付ける裏打ち紙には独特な染め紙を用いて重厚かつ優雅に表現。バリエーションに富んだ画題と表現を鑑賞することができます。

「七福猫神図」6号 絹本/330,000円

会場は大丸心斎橋店の本館8階にある「Artglorieux GALLERY OF OSAKA(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ )」。10月27日(火)まで開催され、入場料は無料となっています。

<画家プロフィール>
大矢亮 Ooya Akira
1974年 名古屋市生まれ
1998年 愛知県立芸術大学日本画科卒業
     第83回院展初入選(15回)
2000年 愛知県立芸術大学大学院修了
2001年 春の院展初入選(15回)
2011年 松坂屋名古屋店 個展(16年、19年)
愛知県立芸術大学模写班(2000年~2019年)
日本美術院院友

イベント概要

名称:大矢亮日本画展 -温故知楽-
期間:2020年10月21日(水)〜10月27日(火)
時間:10:00~20:00
  :10:00~16:00(最終日)
入場:無料

会場:Artglorieux GALLERY OF OSAKA

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
大丸心斎橋店 本館8階

<参考>
ネコと牡丹の絵には繁栄の願いが込められていた!「耄耋」をテーマにした中国絵画の展覧会が開催
難病と闘う元保護猫「ネル」の実話を絵本化!画家・あおえまりさんの原画展が10/21から開催
ハロウィン仕様のネコ作品も展示!42組のクリエイターが参加する「ねこ休み展」大阪で開催

© Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd.

最近の投稿