猫になったキスマイ北山の予告映像と新ポスターが公開、映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」

2月15日に全国で公開予定の新作ネコ映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」から、主演を務めるKis-My-Ft2のメンバー北山宏光さんが「猫のトラさん」に扮した姿をたっぷりと収録した本編の予告映像と、新ビジュアルが公開されました。

Kis-My-Ft2のメンバー北山宏光さん主演の映画、「トラさん~僕が猫になったワケ~」のポスター
こちらは従来のポスター

ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくる・・そんなファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)を実写映画化する本作。

いい加減で能天気、売れないマンガ家の主人公・高畑寿々男(たかはた・すずお)を演じるのはKis-My-Ft2の北山宏光さん。妻・奈津子(なつこ)役には女優の多部未華子さん、娘の実優(みゆ)役には子役の平澤宏々路さん。さらには、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズムなど、個性豊かなキャスト陣が集結した注目の映画作品です。

本日公開された映像では、これまでほとんど明らかにされていなかった北山さん扮するトラさん(=猫)の愛らしい姿が凝縮。


 

現世に戻ってきた直後は、猫になった自分を見て「猫、最悪…」と嫌がっていた寿々男も、娘の実優に拾われ「猫のトラさん」として愛する家族と再び暮らせることになり、楽しく気楽な猫ライフを満喫する日々。

しかし妻の奈津子が突然倒れた時、実優が悩み落ち込んでいるとき、猫になってしまった自分は言葉さえ通じず、己の無力さを思い知ることに。さらには2人が号泣する姿を目の当たりにし、猫になったからこそ初めて気づいた家族の本当の想い…。

猫のトラさんとなった寿々男は過去の自分を見つめ直し、家族と過ごす残り少ない時間の中で、自分が何を残せるのかを考えていくーー。

映像には、猫の愛くるしい仕草や表情などを熱演する北山さんの姿をはじめ、母親役として新たな魅力を見せる多部さん、「あの世の関所」の裁判長を演じたバカリズム、寿々男の同期のカリスマ漫画家・浦上役の要潤さんらとのコミカルなやりとりなどが収録されているほか、飯豊まりえさん扮するトラさんの良き理解者・お嬢様猫「ホワイテスト」の姿も今回初めて披露されています。

映像と共に作品を盛り上げているのは、作詞に藤井フミヤ&編曲に亀田誠治という強力タッグを迎えた、Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」。

猫になってしまい家族に伝えきれなかった寿々男の想いを綴っているかのような、切なく温かい歌詞が映画の世界観を彩っています。

また、新たに公開されたポスターでは、トラさんに扮した猫座りしている北山さんが可愛らしいカットを披露。

映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の新ビジュアルポスター
新ビジュアルのポスター

その上には小さなコタツに仲睦まじく入る寿々男、奈津子、実優、高畑家3人の笑顔があり、家族の温もりを感じさせるビジュアルに。

主人公が猫に扮した斬新なビジュアルと、作品のストレートなメッセージを表現したキャッチコピーは「こんな姿、だけど、この冬最高の感動作」となっており、誰も見たことがない愛のカタチを描く映画の世界を表現しています。

なお、1月21日(月)までは本作の完成披露イベントでお手伝いをしてくれる人を年齢性別不問で募集していますので、興味のある方は応募してみては。

参考:ニャンと日給5万円!新作ネコ映画「トラさん」の完成披露イベントをお手伝いするアルバイトを募集中

映画:トラさん~僕が猫になったワケ~
公開:2019年2月15日(金)全国ロードショー
配給:ショウゲート

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会