猫が爪を研ぐほど芸術性が高くなるッ!絵画のように飾れる壁掛けタイプの爪とぎ「ネコボード」

壁掛け式アートのようにインテリアのアクセントとしてお部屋に飾れる、猫用の爪とぎパネル「NEKOBOARD(ネコボード)」が12月2日(月)に発売されます。

壁掛けタイプの猫用爪とぎ「NEKOBOARD(ネコボード)」ホワイト×ベージュカラー
NEKOBOARD ホワイト×ベージュ

この製品は猫目線を第一に考える「キャット・ファースト」をコンセプトに、建築資材などの販売を手がけるサンワカンパニーと、美しいデザインや高度な技術を融合して猫の健康サポート製品を開発しているRINN Inc.のコラボレーションによって開発された爪とぎで、一般的な置型タイプやダンボール素材の製品とは異なり「壁掛けタイプ×カーペット素材」になっているのが特徴です。

猫は壁やソファなど飼い主さんにとって不都合な場所で爪を研いでしまうことがありますが、爪とぎ行為には獲物を狩るため爪を鋭くしておいたりストレス解消などのほかに、自身の臭いを残して縄張り意識をアピールする「マーキング」の意味合いも含まれていることから、空間の出入口は格好の爪とぎスポットになります。

壁で爪を研ぐ猫のイメージ写真
壁で立ち研ぎするのは最高ニャ!!


ネコボードの監修を手がけた獣医師の山本宗伸氏によると、そうした問題行動はその場所が猫にとって心地よく爪を研げる場所であることが要因で、最も簡易的な対策は、研いだ場所に爪とぎ材を設置することだと指摘。

そのため、本製品は猫のお気に入りの場所にあわせてどこでも設置・移動できるように壁掛けタイプを採用しており、工具はドライバー1本あれば穴が目立ちにくいボードピンで簡単に留めることができます。

カーペット生地の爪とぎ「NEKOBOARD(ネコボード)」を壁に設置したイメージ
ここで研いでも良いのかニャ?

表面には爪が少し引っかかるループ状のカーペット生地を使用。ダンボールや麻縄など他の素材と比べて研ぎカスが少ないため、見た目の汚れが気にならないだけでなく、掃除などのお手入れがしやすいのもメリットです。

爪とぎを繰り返すにつれて生地は少しずつほつれていきますが、変化する生地の雰囲気を猫が生み出したアートのように楽しめるのもネコボードならではの魅力。

カーペット生地の爪とぎ「NEKOBOARD(ネコボード)」で猫が爪を研いでいるイメージ
垂直耐荷重(20分)は20kgまでOKニャ

カーペット生地が疲れてきたら別売りの交換用パネル(2,200円)に差し替えることもできるため、フレーム部分はそのままずっと使い続けることができます。

形状は壁掛けアートのようにも見えるシンプルかつ洗練されたデザインで、マーキング場所に多い部屋の入口や通路はもちろん、人目につきやすいリビングなどに設置してもお洒落なインテリアとして機能。

カラーは「ホワイト×ベージュ」「ブラック×グレー」の2色がラインナップしており、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

壁掛けタイプの猫用爪とぎ「NEKOBOARD(ネコボード)」ブラック×グレー
NEKOBOARD ブラック×グレー

ネコボードの一般発売予定日は12月2日ですが、10月1日(火)〜11月15日(金)までの期間はクラウドファンディングサイトのMakuakeにて先行販売が行われています。

品名:NEKOBOARD(ネコボード)
価格:7,700円(税込)/セット
寸法:W220 × H445 × T12mm
種類:ホワイト×ベージュ、ブラック×グレー
素材:本体カバー スチール(粉体塗装仕上げ)/パネル 圧着ポリプロピレン

<参考>
カリモクが猫用の木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」を発表!第1弾製品はキャットツリー
猫用に開発されたフローリング材「ネコフロア」消臭効果が高く着地時の衝撃も和らげるニャ〜
木の魅力を活かしたお洒落な猫ベッド、カリモク家具の猫用ブランド「KARIMOKU CAT」から発売

画像提供:RINN Inc.

最近の投稿