猫の爪とぎを用意する

猫が爪をとぐ理由は、「獲物を狩るために爪を鋭くしておくため」と考えられています。

猫の爪は薄い層になっており、爪とぎをすることで古くなった爪の層を剥がして、新しい鋭い爪で狩りができるように準備しているんですね。猫を飼っている人の家や猫カフェで猫の爪が落ちているのを見かけるのはそのためです。

猫は本能で爪をといでいるので、叱ったりしつけをしようとしても止めさせることはできません。爪とぎを設置していないと、ソファやクッションなどの家具、カーペットや絨毯、壁や柱など家中がボロボロにされてしまいますので、必ず用意するようにしましょう。

また、爪とぎには猫自身の臭いを残して縄張り意識をアピールするマーキングの意味も持ちあわせていたり、ストレス解消やストレッチの役割も果たしている言われていますので、猫に気持よく爪をといでもらう環境をつくることは、猫と飼い主さんにとって大事なことなのです。

 

爪とぎを置く場所

猫が好きな場所がすでに分かっていれば、そこに置くのがよいでしょう。

まだ猫を迎えれて日が浅くお気に入りの場所が分からない場合は、

  • トイレの近く
  • 猫ベッドや猫ハウスの近く
  • 食事やお水が置いてある近く
  • など、猫が近寄りそうな場所にそれぞれ置いてみると良いかもしれません。

     

    爪とぎを使ってくれない場合

    新しい爪とぎの場合は猫が警戒して使ってくれていない可能性もあります。猫は手足の裏にある汗腺から汗をかいて臭いを出していますので、猫の前足を優しく持って爪とぎに擦りつけてあげましょう。自分の臭いがすると分かると、安心して爪とぎを使ってくれる可能性があります。

    家具、壁、柱などで爪をといでしまう場合は叱っても効果がありませんので、とがれてしまった場所に物を置いたり保護シートを貼って爪をとげないようにしておき、その近くに爪とぎを置いてみると使ってくれる可能性があります。

    爪とぎは猫自身の好みによって使ってくれないこともあります。
    使ってくれないものは撤去して、

  • 爪とぎの台数を増やす
  • 違うの種類の爪とぎを置いてみる
  • 使ってくれている爪とぎの台数を増やす
  • といったことを試してみるのをお勧めします。