東北の猫島・田代島で愛された「ねこ太郎」とは?生前の姿を記録した映像がDVDで登場

宮城県石巻市にある猫島・田代島(たしろじま)で生きた一匹の人気猫。その姿を記録したDVD「ねこ太郎がゆく〜猫島・田代島放浪記〜」が登場しました。

パッケージイメージ

石巻港の南東約15kmほどの場所に位置する田代島は、歩いて2〜3時間ほどで一周することができるほどの小さな島。

主な産業は漁業で釣り場としても全国的に有名な場所ですが、昔から大漁を招いたり海の事故から守ってくれるといった言い伝えから、島の中央には猫神様が祀られた「猫神社」が建てられるほど、猫との関係性が深い島でもあります。

田代島の猫神社

猫を大切にする習慣から自然繁殖によって個体数が増えていき、その様子がテレビなどで取り上げられてからは「猫の楽園」と呼ばれるなど、全国の猫好きな人々から注目されるようになった同島。近年では日本のみならず、海外からも猫を一目見ようと観光客が訪れる「猫島」として知られています。

田代島の港

そんな田代島には「ねこ太郎」という一匹の猫がいました。

島の北と南にある2つの発着所(大泊港・仁斗田港)を歩いて行き来するなど、島民はもとより観光客からも愛された名物猫で、それまで猫が居着かなかった島中央部の猫神社を根城にしながら島中を放浪。

田代島マップ
ねこ太郎@猫神社

2011年3月の東日本大震災では、田代島にも津波が押し寄せたものの難を逃れ、2016年の3月に死去するまで多くの人や猫を魅了し続けました。



本DVDはそんな「ねこ太郎」の記録を2枚のディスクにまとめたもので、7つのパート+1つのおまけで構成された映像を収録。震災前の若くて初々しい姿から、島の猫たちとふれあう姿、観光客にかわいがってもらう姿まで、さまざまな表情が捉えられています。

放浪中のねこ太郎

<Disc1>
①Part1 仁斗田港のねこ太郎 (11分)
②Part2仁斗田のねこ太郎 (18分)
③Part3大泊のねこ太郎 (24分)
④Part4猫神社のねこ太郎 (19分)

<Disc2>
⑤Part1仁斗田のねこ太郎 (19分)
⑥Part2大泊のねこ太郎 (25分)
⑦Part3猫神社のねこ太郎 (22分)
⑧おまけ ほくろちゃん (18分)

映像の中にはねこ太郎以外にも、ねこ太郎の奥さん猫や、ねこ太郎と猫神社でよく一緒にいた猫、同じ年くらいの長老猫など、ねこ太郎と関わりの深かった猫たちが登場。

今日も島は平和ですニャ

また、おまけのパート部分には島一番の美猫で、ねこ太郎とも仲良しだった人気猫「ほくろちゃん」の映像も収録。2020年現在では最長老ながらも、今もアイドル猫として島に訪れる人を魅了し続けているほくろちゃんの若い頃や、2020年に入ってからの姿なども見ることができます。

価格は2枚組DVDがセットになって4,400円。宮城県仙台市を拠点にWeb用動画の企画制作などを手掛けるスカイモーションピクチャーズの公式サイト(senneco.jimdofree.com)にて11月20日より販売されています。

<参考>
スナネコをお家で見たくない?赤ちゃんから子猫になるまでの成長記録映像がDVDで発売決定
こんな猫がいたら運動も続けられそう!カナダで飼い主のエクササイズに付き合う猫ちゃんの動画が話題に
猫のラブラブな姿に癒やされるニャ〜♪ 島猫の愛情表現ばかりを収録した写真集「キス猫」

(C) 画像提供:Sky Motion Pictures

最近の投稿