映画「猫は抱くもの」上海国際映画祭のコンペティション部門に選出

俳優の沢尻エリカや吉沢亮らが出演する、6月23日に公開予定の新作ネコ映画「猫は抱くもの」が、今月開催される第21回上海国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが発表されました。

ネコ映画「猫は抱くもの」

本作は、思った通りの自分になれず投げやりな毎日に慣れてしまった元アイドルの沙織(沢尻エリカ)と、自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫(吉沢亮)が自分らしい生き方を見つけていく物語で、こじらせてしまった「人間1人」と「猫1匹」の妄想とリアルが入り混じった演出が見どころとなっているほか、作中にはたくさんの猫が登場するため、ネコ好きな人にも楽しめそうな映画。

作品には映画好きやクリエイターの感性を刺激する斬新な演出が随所に盛り込まれていて、リアルな景色を背景にした撮影はもちろん、舞台装置を活用した演出やアニメーションなど、遊び心のような要素がコラージュのように盛り込まれているのが特徴です。

ネコ映画「猫は抱くもの」のエンディングテーマ「ロマンス交差点」のミュージックビデオ

また、視覚的な刺激を盛り込みつつも、「人生のくすぶっている時間とどう向き合うべきか」といったような普遍的なメッセージも込められており、観る側に温かな余韻を残してくれる作品に仕上がっています。

そうした本作の取り組みが評価されてか、アジア最大級の映画祭として注目されている第21回上海国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されることが決定しました。


上海国際映画祭は世界15大映画祭のひとつで、FIAPF(国際映画製作者連盟)が認定する長編・短編作品を扱う国際的な映画祭。21回目を迎える今年は2018年6月16日~6月25日まで開催され、世界108ヶ国から3400本以上の作品がエントリー(そのうち日本映画は約200本)。本作は日本映画としては唯一コンペティション部門への出品を果たしています。

同部門においてはこれまで、第10回(2007年)に山田洋次監督「武士の一分」が最優秀音楽賞(冨田勲)を受賞、第19回(2016年)には阪本順治監督「団地」が最優秀女優賞(藤山直美)を受賞するなど、本作への期待も高まっているほか、日本映画として最優秀作品賞受賞作品(金爵奨)を受賞すると、2005年「村の写真集」(監督:三原光尋)以来の快挙となります。

今回の出品決定に関して、監督の犬童一心氏と主演の沢尻エリカさんからはそれぞれ以下のコメントが寄せられています。

<監督:犬童一心>
「沢尻エリカの野蛮なパワーと吉沢亮のア然とするエレガントが中国の皆さんにどう刺さるか?楽しみです。」

<主演:沢尻エリカ>
「猫は抱くものが、コンぺティション部門に選ばれ光栄に思います。海外でどのように評価して頂けるか、楽しみにしています。」

上海映画祭で「猫は抱くもの」が上映される日は2018年6月21日(木)。現地では犬童監督を始めとする関係者が渡航し舞台挨拶を行う予定で、注目の授賞式は6月25日(月)に行われる予定となっています。

©2018「猫は抱くもの」製作委員会 nekodaku.jp