透明な箱に入っているのは…木彫りの猫!注目作家のアート作品を集めた『猫・ネコ・ねこ展』大阪で開催

猫アートの展示即売会「~多くの作家に愛された~『猫・ネコ・ねこ展』」が4月7日(水)より、大阪市中央区にある大丸心斎橋店の8階ギャラリーで開催されます。

大丸心斎橋店

猫は古くから私たち人間の生活に深く寄り添ってきた動物で、愛くるしい容姿と気まぐれな性格で想像力をかきたてるその存在は、これまで多くの芸術家によって愛され作品のモチーフとして表現されてきました。

『猫・ネコ・ねこ展』は、そんな猫たちに魅了されたアーティストの作品を集めたイベントで、会場には注目の木彫作家、西誠人(にしまこと)氏の作品が登場。

西誠人 作「Love マット・ホワイト」/220,000円​

同氏はキャットカーヴィングという独自の技法によって猫の立体作品を制作している木彫作家で、毛並みや肉球などのパーツから、表情や仕草までをリアルに表現。

猫が丸まって寝ている「Love マット・ホワイト」という作品では猫の体だけでなくマットの質感まで再現されているほか、四角い透明な箱にぴったり収まった猫を表現した「オチツク~ニャ」という作品では、板に密着した毛や肉球が透けて見えるシチュエーションが精緻に表現されています。

西誠人 作「オチツク~ニャ」/418,000円

また、猫の世界をユーモアたっぷりに描く日本人画家、ルイ・シン氏の作品も登場。

アクリルを使ったカラフルで透明感ある色彩と細やかな筆使いが特徴的な同氏の作品では、新聞を読んだり、ビールを飲んだり、荷物を運んだりと、人間のように賑やかに暮らすネコたちが躍動感あふれるタッチで描かれています。

ルイ・シン 作「行くネコ、来るネコ、泳ぐネコ」/638,000円

会場にはその他にも、20世紀初頭にエコール・ド・パリの寵児のひとりとして活躍した画家、藤田嗣治の代表的な挿画本「猫の本」の作品など、愛くるしい猫たちが主役の作品が展示販売される予定となっています。

<イベント概要>
名称:~多くの作家に愛された~「猫・ネコ・ねこ展」
期間:2021年4月7日(水)〜4月13日(火)
時間:10:00~20:00
  :10:00~16:00(最終日)
入場:無料

会場:Artglorieux GALLERY OF OSAKA

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
大丸心斎橋店 本館8階

<参考>
猫の性格や特徴を元に擬人化してくれる!画家のアトリエを兼ねた絵画オーダー店「3軒のねこと庭」
350点の猫アートが大集結!浮世絵から現代美術までを展示する「猫まみれ展MAX」札幌で開催
ドラマ『極主夫道』8話に登場するスイーツ店は猫一色!装飾を手掛けたアーティストは誰…?

(C) Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd.

最近の投稿