大和ハウスの住宅展示場が猫カフェ風にリニューアルオープンしたニャ

千葉市花見川区にある住宅展示場・幕張ハウジングパーク内の「skye~スカイエ~幕張展示場」1Fスペースが昨日、猫カフェをイメージした空間にリニューアルオープンしました。

大和ハウス工業のskye~スカイエ~幕張展示場skye~スカイエ~幕張展示場

幕張ハウジングパークは「成熟社会に向けた豊かな生活空間の実現」をテーマに、44棟の住宅が建ち並ぶ関東最大級となる住宅展示場。

その中の一角にあるのが、大和ハウス工業が手がける重量鉄骨3階建てのskye(スカイエ)幕張展示場で、もともとは店舗併用住宅をイメージした住宅展示場として2016年にオープンしましたが、このたび1年を経過したことから1Fの店舗スペースのリニューアルを計画。


近年、飼い猫の交通事故や感染病、糞尿被害などの問題を避けるために完全室内飼いが推奨されていることから、猫も人も快適に過ごすことのできる空間づくりの提案として、猫カフェをイメージした空間にリニューアルされました。

猫カフェをイメージした住宅展示場・「skye~スカイエ~幕張展示場猫カフェをイメージ

1Fのエントランススペースでは「100万回生きたねこ」「作家の猫」「世界で一番美しい猫の図鑑」など、猫をテーマにした絵本やビジュアル本、小説など子供から大人まで楽しめる猫本が100冊ほど並べられています。

skye~スカイエ~幕張展示場の1Fエントラススペース1Fエントラススペース

skye~スカイエ~幕張展示場の本棚には猫本が陳列猫本がズラリ

また、日本の建築家が製作した、飾り棚にもキャットタワーにもなる本棚「NYAND」を配置。重量鉄骨造による大空間に、海外製の猫をモチーフにしたアイテムや家具、雑貨などが陳列されています。

キャットタワーにもなる本棚「NYAND」丸い穴を通って上に登れる本棚

壁面にはイラストレーターとして活躍する日本人アーティスト「Kozo」の人気シリーズ作品、「CAT’S IN THE BAG」を中心に、オランダなど海外作家のネコ作品なども展示。

壁に猫のアートやネコ時計を設置壁にはアートやネコ時計が

キャットタワーでくつろぐ猫大きなキャットタワーもあるニャ

来場者には猫専門の動物病院「Tokyo Cat Specialist」の院長で、多数の猫関連の書籍を執筆している山本宗伸氏が監修した「猫と心地よく暮らす10のアイデア」が無料配布されています。

獣医師の山本宗伸氏が監修した「猫と心地よく暮らす10のアイデア」

■skye〜スカイエ〜幕張展示場
時間:10:00〜18:00
定休:火曜・水曜

場所:幕張ハウジングパーク内No.27

千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7

(C) DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD/prtimes.jp