愛猫の写真を元にオーダーメイドのジュエリーを作れるサービスが登場

オーダーメイドブランドの「ケイ・ウノ」が2月22日の本日、猫をはじめとするペットの画像を元にオーダーメイドのジュエリーを製作するサービスを開始しました。

オーダーメイドジュエリーブランドの「ケイ・ウノ」の店内イメージ

ケイ・ウノは、宝飾品のオーダーメイド専門店として国内で唯一全国展開しているジュエリーブランドで、全国に37店舗を展開。50名以上のデザイナーと熟練の技を持つ職人を150名抱え、2015年12月には日本で初めてダイヤモンドカットの技術で特許を取得。

オーダーメイドという特徴からペットをモチーフにしたジュエリーも提供しており、新たに「ペットジュエリー相談サービス」の受付を、全国にある店舗とオンラインストアにて開始しました。

ケイ・ウノが製作したペットジュエリーペットジュエリーの例

ペットジュエリー相談サービスの内容は、ペットの画像や思い出などをヒアリングして、デザイン画の提案や見積もりまでを無料で提供。

ケイ・ウノによるペットジュエリーのデザイン画デザイン画のイメージ

デザインを決定して成約したら、後は完成&納品を待つだけ。実際に、同ブランドで製作した愛猫のジュエリーイメージや体験談が公開されています。

愛猫の写真を元に作ったネックレス

こちらはアルファベットの「L」の上に猫ちゃんが座っているようなデザインで、ある飼い主さんの元で幼い頃から約15年間、家族として過ごしてきた愛猫の「ララ」ちゃんを、オーダーメイドで作ったネックレス。

数年前に旅立ってしまった猫ちゃんが、いつも出窓から家族の様子を眺めていた姿と、名前のイニシャル「L」をモチーフにしたデザインで依頼することに。

愛猫の写真を元に作ったシルバーアクセサリー by ケイ・ウノ

デザイン画を描く時はもちろん、職人さんが型を作る時や仕上げをする時も、ララちゃんの写真を見ながらジュエリーを製作。ちょっとぽっちゃり気味のフォルムや、閉じきらない前足などが反映されていて、飼い主さん的にとても愛猫を感じられる仕上がりになっているのだとか。

飼い主の名前と、猫のヒゲや肉球をモチーフにしたデザインのネックレス

一方こちらは、就職を機に東京で一人暮らしをはじめた飼い主さんが、家族として長い時間を過ごしてきた愛猫と会える機会が減ってしまい、寂しい気持ちになってしまうことから依頼して製作したジュエリー。


飼い主さんの名前である「ayako(あやこ)」の文字と、猫のヒゲや肉球をモチーフにしたデザインになっており、いつでもそばに感じられるようにとの想いが込められているのだとか。

愛猫の写真を元に作ったゴールドアクセサリー by ケイ・ウノ

猫ちゃん以外にも、ワンちゃんや小鳥などのペット写真を元に作られたジュエリーのイメージも公開されています。

愛犬の写真を元に作ったペンダント亡くなった愛犬を身近に感じるために作ったペンダント

愛犬の写真を元に作った飼い主と犬用のお揃いペンダント飼い主さんと愛犬用にお揃いで作ったペンダント

愛鳥の写真を元に作ったペンダント愛鳥を身近に感じるために作った指輪

ペットジュエリー相談サービスに対応するアイテムはリング、ネックレス、ピアス、イヤリング、バングル、ドッグタグ、キーホルダーなどで、価格はK18製ネックレスが25,000円~となっています。

(C) K.uno/prtimes.jp