またたびハンバーグが美味しそう!世にも不思議な猫世界のスピンオフ絵本「ねこのようしょくやさん」

ぶさかわで人気のイラスト「世にも不思議な猫世界」に登場するキャラクターを主人公にした絵本「ねこのようしょくやさん」が金の星社より刊行されています。

表紙イメージ

世にも不思議な猫世界」はイラストレーターのKORIRI(コリリ)さんが、Instagramで知り合いになったネコたちの絵を描き、公開していく中で生まれたイラスト作品。

クセのある渋い表情をした猫たちが酒をあおり、銭湯に浸かり、一家団欒の時を過ごすなど、二足歩行の猫たちがまるで人間のように振る舞うシュールな光景に、病み付きになってしまう人が続出。

その不思議な世界観はLINEスタンプをはじめ、グッズやイラスト作品集(辰巳出版)など幅広く展開されています。

Amazonより

そんな人気作に登場するキャラクター、「洋食ハルオ」を絵本化したのが『ねこのようしょくやさん』で、KORIRIさんにとっては初めてとなる絵本作品。

舞台は町で人気の「ねこのようしょくやさん」。ハルオシェフと助手のみかんちゃんが、「猫あるある」な要素を交えながら、ゆる〜い世界の物語が展開していきます。

二人で「ぐるる」と音を鳴らしながらハンバーグの生地をこねるシーンでは、猫がゴロゴロのどを鳴らしながらふみふみする光景を彷彿させるほか、洗剤には「ネコキレイ」調味料の瓶には「またたび」といったラベルが。店内には「ねこまんまフェスティバル」「またたびカレーはじめました」などのポスターが貼ってあるなど、細部にもたくさんのユーモアが散りばめられています。

仕込み中のふたり
猫のふみふみで生地をこねるニャ


またたびパウダーを入れ過ぎたり、ハンバーグをこねていると眠くなってきたりと、料理の手際を見るとちょっぴり不安になりますが、意外にも「ねこのようしょくやさん」は人気店。

お店の前には、お目当てのハンバーグを求めるお客さんがこれまた渋い表情で並んでいます。

待ちきれず店内をのぞき込む子猫も

ハルオシェフとお客さん、猫同士ならではのやり取りにも注目。

「ごちゅうもんは おきまりでしょうか?」 
「マタタビハンバーグを ひとつ。あっ ごはん おおもりで おねがいしにゃす」 
「かしこまりにゃした」

また、メニュー裏には「にぼしコーヒー」「カツオミルクティー」「マタタビール」など、どんな味なのか気になってしまうドリンクが充実。

フライパンの上でジュージューと美味しそうな音を立てるハンバーグからは、ちょっとクセのあるマタタビの香りが漂ってきて、さながら猫になった気分で絵本の世界に引き込まれそうです。

注文をするお客さん
人間が食べても美味しそう♪

ところが物語ではハンバーグがつまみぐいされる事態に。
その犯人とは……?

猫好きな人もそうでない人も、子供から大人までクスッと笑える一冊となっています。

書名:ねこのようしょくやさん
著者:KORIRI
定価:1,430円・税込
出版:金の星社

<参考>
渋顔の人気猫キャラ「世にも不思議な猫世界」のイラスト作品集が登場
ねことプレゼント探しの旅に出かけよう!全編リトグラフで描いた絵本「ふしぎなニャーチカ」
猫のシェフが作るレシピ付き!絵本のストーリーも楽しめる「トラネコボンボンのお料理絵本」

(C) KORIRI/Kinnohoshi Co,Ltd.

最近の投稿