ネコの木彫作品も展示!人気彫刻家はしもとみおさんの個展が岡山の美術館でスタート

動物肖像作家はしもとみおさんの作品を展示する「にいみどうぶつ列車へようこそ!はしもとみお 木彫り動物の世界」が7月4日より岡山県新見市の美術館で開催されています。

開館30周年記念・災害復興祈願 特別展Ⅱ

はしもとさんは「生」をテーマに動物の肖像彫刻を制作する彫刻家で、温もりのある木彫で表現された作品は、まるで命を吹き込まれた動物のように今にも動き出しそうな迫力を携えています。

本展は2019年9月に豪雨災害を受けた新見市の復興祈願、および新見美術館の開館30周年を記念して開催される展覧会。

会場には新作の「日本犬彫刻図鑑」をはじめ、ネコ、ヒツジ、ヤギ、チンパンジー、オラウータン、ジュゴンなど、クスノキから削り出し彩色された動物たちの肖像やスケッチなど約180点の作品が展示されています。

この投稿をInstagramで見る

はしもとみお Mio Hashimoto(@hashimotomio)がシェアした投稿



中でも講談社の漫画雑誌「イブニング」で連載しているマンガ「いとしのムーコ」のキャラクターを再現した木彫りのムーコが「ミニやくも号」に乗車した姿は必見。

同作を含め展示作品はすべて写真撮影が可能となっています。

イベント概要

名称:にいみどうぶつ列車へようこそ!はしもとみお 木彫り動物の世界
期間:2020年7月4日(土)〜9月6日(日)
時間:9:30〜17:00
休館:月曜(8/10は開館)
料金:一般800円、大学生500円、中高生300円、小学生200円

会場:新見美術館

岡山県新見市西方361

<参考>
遠隔でマンチカンにエサやり体験も!12名の作家が参加するチャリティー猫イベント「ねこ専」
有名作家の絵本にはどんな猫が登場する?展覧会「絵本原画ニャー!mini」福岡で開催
実在する猫をモデルにした100体以上の彫刻集「はしもとみお 猫を彫る」

(C) NIIMI MUSEUM OF ART

最近の投稿