2つの猫の家族に密着!岩合さんの写真展が札幌三越で開催&チケット提示でお得なサービスも

ミャンマーの湖上と北海道の牧場。遠く離れた2つのネコ家族を追った写真展が9月1日(水)より札幌三越で開催されています。

岩合光昭写真展「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」メインビジュアル
映画の世界が写真展に

本展は今年の1月に公開された映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』の中から、印象的なシーンを写真作品として展示する企画展。

同作はNHK BSプレミアムで放送されているテレビ番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』の映画版で、2017年に公開された『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』に続く第2弾。また、動物写真家の岩合光昭さんが監督を務める映画としても、2019年に公開された『ねことじいちゃん』に続く第2弾作品として注目を集めました。

 映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』について語る岩合光昭監督
映画のインタビュー風景

映画の撮影では、岩合さんが心から撮りたいと願った「ネコの家族愛」をテーマに、1年をかけてふたつのネコ家族に密着。

至近距離で猫を撮影する岩合光昭さん
ネコの懐に入るのが上手な岩合さん

一つは標高800m以上の高地で15万人が水上生活を送るミャンマーのインレー湖が舞台で、湖上に建つ小さな家で暮らすネコの家族とヒトの家族が、寄り添いながら共生している姿を描写。もう一つの舞台である北海道の牧場では、大家族のネコたちが厳しくも温かい環境の中で成長し、自分なりの新たな世界を築いていく様子が映し出されています。

写真展の会場では、そんな遠く離れた地で暮らす2つのネコ家族を、流れゆく季節の中で見つめ続け、あるがままの姿を捉えた作品の数々が展示されます。

インレー湖の湖上で振り返る茶トラ猫 by 岩合光昭写真展「世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
湖の上で暮らすのは楽じゃニャい
湖の上で顔をこすり合わせる少年と茶トラ猫 by 岩合光昭写真展「世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
地元の少年との仲良しシーン
インレー湖の湖上で毛づくろいをする猫 by 岩合光昭写真展「世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
微笑ましいネコの家族愛

北海道の牧場で暮らすネコの大家族 by 岩合光昭写真展「世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
こちらは牧場で暮らすネコの大家族
牧場で猫に添い寝する牛 by 岩合光昭写真展「世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
ウシとネコの友情も愛おしいニャ

※写真引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000006149.html

会場の物販コーナーでは、岩合さんの写真集や猫グッズなどが登場。本展の写真作品がデザインされたオリジナルのアイテムを購入することもできます。

ロール付箋『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』のオリジナルグッズ
ロール付箋
角マグネット『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』のオリジナルグッズ
角マグネット
マルチホルダー『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』のオリジナルグッズ
マルチホルダー

※グッズの販売内容は異なる場合があります。

また、期間中は館内の一部店舗にて、注文時に「写真展の前売り券 or 半券」を提示すると、お得なサービスが受けられる特典を用意。中でも本館6Fにある喫茶ヴァンドームパリスのお店では、セット商品を注文すると猫型バニラアイスをサービスしてもらえます。

<対象店舗一覧>
本館9F:ランドマーク
本館6F:ヴァンドームパリス
本館4F:銀座トリコロール
本館3F:宮越屋珈琲
本館B2F:宮越屋珈琲、岩泉農場、彩果の宝石、ゴンチャロフ、叶 匠壽庵、アフタヌーンティー・ベイク&ティーラウンジ

特典サービスの内容はドリンクやトッピングの無料、容量増量、一部商品の贈呈などさまざまで、受けられる条件(特定の商品購入や購入金額など)も店舗によって異なるため、公式HPにて確認することをお勧めします。

<イベント概要>
名称:写真展「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
期間:2021年9月1日(水)〜9月27日(月)
時間:10:00〜19:00
  :10:00〜17:00(最終日)
入場:一般 700円、中高生 500円
会場:札幌三越 本館10F 催事場
住所:札幌市中央区南1条西3丁目-8

<参考>
北海道から沖縄の猫まで!​大判で迫力たっぷりの写真集​『​岩合光昭 み~んな元気ネコ』
写真展「世界ネコ歩き2」が金津創作の森美術館で開催!野外写真展「ねこ科」も同時開催
今年は「11ぴきのねこ」作者の没後20年、練馬区立美術館で「まるごと馬場のぼる展」が開催

(C) Mitsuaki Iwago/「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き2」製作委員会

最近の投稿