岩合さんの解説が聞けるWEBイベントも!写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」8/29まで開催中

動物写真家・岩合光昭さんの写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」が2021年8月29日(日)まで、東京都八王子市にある東京富士美術館で開催されています。

東京富士美術館で開催されている写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」メインビジュアル
公式サイトより

NHK BSプレミアムで放送されているドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」で撮影された写真を鑑賞できる本展は、2015年から全国各地の百貨店や美術館などを巡回して開催されており、累計来場者数は68万人を超える人気の企画展。

今回の会場となる東京富士美術館には、塀の柵に前足をかけて通りを見渡す猫や、鮮やかな花に囲まれてくつろぐ猫、お寺でお祈りやお供え物をする人の傍らでリラックスする猫、牧場のブタと鼻をくっつけ合うほど仲良し猫など、ヨーロッパ・アフリカ・アメリカ・アジアをはじめ、世界15の地域で出会ったネコたちを中心に200点以上の作品が展示されています。

世界ネコ歩き写真展 パリの猫
パリの猫 (C)Mitsuaki Iwago
プロバンスの猫
プロバンスの猫 (C)Mitsuaki Iwago

写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」シチリアの猫
シチリアの猫 (C)Mitsuaki Iwago
ハワイの猫 by 写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」
ハワイの猫 (C)Mitsuaki Iwago

※写真引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000006149.html

「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る岩合さん。

ネコたちの表情や仕草、一瞬の動きをとらえた展示作品から、その地域に住むネコならではの魅力を感じられる写真展で、会場では番組の未公開映像も放映されています。

<写真展に登場する猫>
パリ、プロバンス、ベルギー、ノルウェー、シチリア、クロアチア、エーゲ海の島々、ブルガリア、イスタンブール、マラケシュ、キーウエスト、ウルグアイ、ハワイ、台湾、沖縄のネコたち。

※実際の展示内容は一部異なる場合があります。


ギャラリートーク

会期中は岩合さんによる無料のオンライン・ギャラリートークも開催されます。
日程は6月26日(土)、7月10日(土)、7月24日(土)、8月7日(土)、8月21日(土)の5日間で、各日14時から30分ほどかけて行われ、岩合さんが自身のネコ写真作品を解説した動画を視聴することができます。

また、ネコ関連のイベントとして、7月17日(土)と8月14(土)の14時からは同館学芸員によるオンライントークも開催。こちらはネコが描かれた西洋美術や日本美術、写真作品などについてスライドを用いた解説を聞くことができます。

いずれのオンライントークイベントも参加費用は無料で、WEB会議システムのZoomを使って実施。公式サイトの専用フォームにて各日先着500名まで参加者を募集しています。

自慢のネコ写真を大募集

7月31日(土)までは飼い猫の写真を持参すると、館内ロビーの特設パネルに展示してもらうことができるほか、先着200名に本展オリジナルのポストカードを1枚プレゼントしてもらえる企画も実施中。

写真のサイズはL版(約9㎝×13㎝)以下で、裏に猫の名前を記載したうえで美術館の受付スタッフに手渡せばOK。写真の貼付けスペースがなくなり次第受付終了となります。

<イベント概要>
名称:写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き
会期:2021年6月1日(火)~8月29日(日)
時間:10:00~17:00
休館:月曜日(8/9は除く)、8/10
入場:一般1,000円、大高生600円、中小生300円
会場:東京富士美術館 本館・企画展示室1〜4
住所:東京都八王子市谷野町492-1

<参考>
世界ネコ歩きの第2弾映画、岩合監督×中村倫也のトーク映像を公開&サウンドトラックも発売決定
世界ネコ歩きにも登場!アイルランドで最も有名な猫の自伝「羊飼い猫の日記」日本語版が刊行
ねこ型のドーナツやマカロンが食べ放題!ヒルトン東京ベイで猫スイーツのデザートビュッフェが開催

(C) Mitsuaki Iwago/Crevis inc.

最近の投稿