現代ねこアートの仏師!もりわじん氏の作品1000体を展示する「千の福ねこアート展」百段階段で開催

日本を代表する猫の芸術作品を展示する「千の福ねこアート展」が2020年10月23日(金)より、東京都の有形文化財に指定されている木造建築「百段階段(ひゃくだんかいだん)」で開催されます。

今年も開催ニャ

百段階段は1931年に国内で最初に誕生した総合結婚式場、ホテル雅叙園東京(旧称:目黒雅叙園)の敷地内に建造され、園内で現存する唯一の木造建築。

東京都の有形文化財「百段階段」
百段階段

99段ある長い階段廊下で結ばれた7つの部屋(十畝の間、漁樵の間、草丘の間、静水の間、星光の間、清方の間、頂上の間)はかつて食事を楽しんだり宴などが催された場所で、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家たちによる美しい作品が描かれており、江戸文化の贅(ぜい)を受け継ぐ昭和の色彩空間として現在でも大切に保存。

その装飾は伝統的な美意識の最高到達点を示すものとも評され、2009年には東京都の有形文化財に指定されています。

百段階段「漁樵の間」のイメージ
漁樵の間(ぎょしょうのま)

近年は毎年4月〜5月頃にかけて猫のアート作品を展示する企画展を開催していますが、2020年の今年は新型コロナウイルスの影響により10月〜11月に開催されることが決定。

メインとなるのは創作招き猫作家の第一人者である「もりわじん」氏による作品展示です。

猫は神々しい…


その作品はお寺にも所蔵され、現代ねこアートの仏師とも称される同氏。本展では施設内にある6つの会場(部屋)において、それぞれ神・死・生・楽・運といった猫の一生をテーマにした作品を展示する構成となっています。

「十畝の間(神)」では五大招福猫 、「漁樵の間(死)」では混沌神と泣き猫100体、「静水の間(生)」では誕生日猫366体、「星光の間(楽)」では愉快で自由な猫たち、「清方の間(創)」では古今東西の神話や伝説をもとに創作した50匹の不思議な世界、「頂上の間」ではげんかつぎ猫百覧会など、新作を含めた1,000体もの立体作品を観賞することができます。

猫のアート作品がずらり
猫の一生/もりわじん(漁樵の間)
猫の一生/もりわじん(漁樵の間)

中でも「静水の間」では、1月1日から12月31日まで表情が異なる366体が部屋を埋め尽くし、自分だけの誕生日猫を見つけて楽しめるほか、「頂上の間」では本展のために制作された100体のユニークな福猫と大作[超幸福猫][猫大仏]を展示。

来場者は1~100番までのげんかつぎおみくじを引くと、出た番号によって自身の守り猫を知ることができます(別料金で守り猫カードを頒布)。

誕生日猫366体/もりわじん(静水の間)

さらに「草丘の間」では、もりわじん氏を含む22名のアーティストによる「福猫展」と、床の間をギャラリー空間に見立てた「アート床の間展」も開催。

福猫展では陶芸、彫刻、七宝焼、九谷焼、人形、切り絵、立体造形、絵画、染色、ぬいぐるみ、ジュエリーなど、さまざまなジャンルの猫アーティストが「福猫」をテーマに創作した作品が2,500点以上も展示され、気に入った作品はその場で購入することもできます。

一方、アート床の間展は8組の人気アーティストによるリレー形式の個展で、毎週新たなアートが出現するため、会期中に再訪しても違った作品を楽しめるように趣向が凝らされています。

七宝のかたち by 平林義教・利依子(七宝焼)
福はいらんかえ by 小紅(友禅染絵)
小さいネコと大切なもの by 小出信久(木彫り)

展示会場内は写真撮影がOK。エントランスエリアでは人間サイズの「おおねむり猫」(もりわじん作)の写真パネルと一緒に記念撮影を楽しめるほか、キャトグラファー板東寛司による写真展「猫的大運動会」なども開催されます。

おおねむり猫 by もりわじん
猫的大運動会 by 板東寛司

また、ミュージアムショップの猫グッズマーケットでは、百段階段訪問の記念お土産品に加えて、手軽な猫グッズなども購入することができます。

千の福ねこアート展 at 百段階段

期間:2020年10月23日(金)~11月23日(月祝)
時間:10:00~17:00(日~木・祝)
  :10:00~20:00(金/土/祝前日,11/1)
休み:会期中無休
入場:1,600円、大高生1,000円、小中生600円

会場:ホテル雅叙園東京 百段階段

東京都目黒区下目黒1-8-1

<参考>
風神雷神を「ネコ」に置き換えて描くと…どんな感じ?日本画家・大矢亮氏の個展が大阪で開催
ネコと牡丹の絵には繁栄の願いが込められていた!「耄耋」をテーマにした中国絵画の展覧会が開催
テーマは「イリオモテヤマネコ」!星野リゾートの西表島ホテルでヤマネコハロウィンを開催中

画像提供:Hotel Gajoen Tokyo.

最近の投稿