ネコの家も冷暖房完備の時代にゃ!アプリで温度調整できるスマート猫ハウス、最新モデルが登場

暑い時には涼しい場所を、寒い時には暖かい場所を見つけて移動する。

猫は自分にとって快適な場所を探す能力に長けた動物ですが、体温の調節機能に優れているわけではないため、室内飼いをしているお家では飼い主さんによるケアが欠かせません。

ストーブで暖まる白猫の姿
しっかりお世話してニャ

とは言え、部屋のエアコンを常時つけっぱなしにすると電気代がかさんでしまうので、夏にはひんやりグッズを用意したり冬には暖かい猫ハウスを用意したりと、季節によって追加で暑さ&寒さ対策を行っているというお宅も多いのでは。

そんな飼い主さん向けに、外出先からでもハウス内の温度を調整できる「スマート・ペットハウス・コージー」の最新モデルが12月6日に発売されました。

温度調整できるペットハウス「Smart House COZY2(スマート・ペットハウス・コージー2)」の本体正面イメージ by Petkit
Smart House COZY2

白いドーム型で一見すると全自動猫トイレのようにも見えますが、本体に温度/湿度を感知するセンサーと冷暖房機能が搭載されており、専用のスマートフォンアプリを使ってハウス内の温度を手動で上げ下げしたり、快適な温度に自動で調整することができるという便利なアイテム。

Smart House COZY2(スマート・ペットハウス・コージー2)の専用アプリ
専用アプリのイメージ

飼い主さんが不在の時など、部屋全体にエアコンを稼働させるほどではないけれど、一部に快適な場所を用意してあげたいという用途に適しているほか、夏と冬で冷暖房グッズを取り替える必要がなく、過ごしやすい季節には電源を入れなければ普通の猫ハウスとしても使えるため、一年中置きっぱなしにしておくことができます。

Smart House COZY2(スマート・ペットハウス・コージー2)の空調冷却システム
後ろに付いてるのは空調冷却システム

また、本体内蔵の赤外線センサーでペットの存在を感知することができるため、猫がハウスに滞在した時間をアプリで確認できるのも大きな特徴。

その他にも、付属の専用マットを敷くことで体への負担を低減したり、マットが汚れてしまった場合は水洗いをして清潔に保てるようになっているなど、猫が快適に過ごせるように配慮した設計となっています。

前モデルにはなかったのが、ハウスの下に設置されている台座のようなもの。

結露の受け皿となる台座(ベース) by Smart House COZY2(スマート・ペットハウス・コージー2)
ハウスを支えているこの部分

これは「ベース」と呼ばれるパーツで、寒暖差によってハウス内に結露が発生した場合に水の受け皿として機能し、ペットハウスの内部を清潔に保つ効果があるのだとか。ペットハウスはこの「ベース」ごと横にくるくると回転させることができるので、部屋のレイアウトや猫が使いやすい方向に合わせて入口の向きを調整することも可能。

その他にも、中に敷くマットが従来よりも3倍の厚みになっているほか、猫が出入りしやすいように入り口の形やサイズも改良されています。

冷暖房完備のペット用ハウス、スマート・ペットハウス・コージー(Smart House COZY)の製品イメージ
前モデル入口:Φ21cm
冷暖房完備のペット用ハウス、スマート・ペットハウス・コージー2(Smart House COZY2)の製品イメージ
新モデル入口:W: 31×H22.5cm

この製品を開発しているのは、中国発のペット向けハイテク製品ブランド「PETKIT」。

アメリカを中心に給水器や猫トイレなどの商品を展開しているメーカーで、新製品となる「スマート・ペットハウス・コージー2」はペット用品の輸入販売などを手がけるダッドウェイのオンラインショップや、IoT製品などの販売を行う通販サイト+Style(プラススタイル)などにて36,300円/1台で販売中。

なお、ダッドウェイの公式サイトによれば、本製品は誤った取り扱いをすると、人やペット(犬・猫)が死亡または重傷を負う可能性が想定されるため、使用上の注意点をよく理解しておくことが推奨されています。

品名:スマート・ペットハウス・コージー2
外寸:W43xD42xH40cm
入口:W31×H22.5cm
入口下高さ :13cm
マットサイズ:Φ35×1.5cm(122g)
耐荷重:10kg

(C)Plus Style Corp./DADWAY, Inc.(C)Plus Style Corp./DADWAY, Inc.

最近の投稿