なんと猫のトイレが赤ヘルに…!広島東洋カープとコラボした真っ赤な猫トイレが登場したニャ

猫を飼育するうえで欠かせないアイテムが猫トイレ。

近年はリビングに置いても違和感がないインテリア性の高いデザインのものや、尿に関するデータを自動計測してスマホアプリで確認できる健康志向の製品などが流行りのトレンドですが、ペット用品の製造販売を手掛ける花王からユニークな猫トイレが登場しました。

カープファンにはたまらニャい

野球が好きな人にはひと目で分かるこのデザイン。
モチーフにしているのは広島に本拠地を構える日本のプロ野球球団、広島東洋カープのヘルメットです。

チームカラーである赤色のヘルメットを身につけて試合を戦うことから、「赤ヘル軍団」「赤ヘル戦士」「赤ヘル打線」などの愛称で呼ばれるなど、カープにとっては象徴的な存在。それ故に、猫トイレとはまったく接点がなさそうなアイテムですが、今回は花王が展開している猫用システムトイレ「ニャンとも清潔トイレ」のデザインに起用されました。

花王の「ニャンとも清潔トイレ」

ニャンとも清潔トイレは、1週間猫砂やトイレシートを取り替えなくても臭わないことを謳った猫トイレで、初回のモデルは2001年に発売。今年は誕生から20年を迎えるなど、猫トイレのロングセラー商品として飼い主さんからの支持を集めています。

今回発売されるカープモデルは、トイレ本体の大部分が真っ赤なカラーリングで、入り口や内部のすのこ部分にはシックなネイビーを採用。

赤ヘルのような猫トイレ

配色と丸みを帯びたフォルムが赤ヘルを強く連想させるほか、サイドには「Carp」の文字が筆記体で描かれており、カープファンの気持ちが高ぶりそうなデザインです。


トイレ本体だけではなく、外箱のパッケージも真っ赤なカープ仕様。

箱の中にはトイレ本体に加えて、1ヶ月分の猫砂とトイレシートも入っているので、猫の飼い始めや買い替え用途にもピッタリ。さらに真っ赤なスコップも付いてくるので、猫の汚物を片付ける時にも気分を盛り上げてくれそうな猫トイレとなっています。

外箱のデザイン

この製品は2020年6月6日より中国・四国地方の店舗にて数量限定で発売を予定。

今年は新型コロナウイルスの影響により、プロ野球の開幕日が6月19日(金)と通常よりも約3カ月遅れで予定されており、これから正にシーズンが始まろうとしている段階。猫を飼っているカープの選手やファンにとっては、赤ヘルをモチーフにした猫トイレで気分を高めながらペナントレースに臨みたいところですね。

ちなみにカープの公式オンラインストアでは、陶器製のペット用フードボウル、ペットキャップ、ペットウェアなどの商品も販売されていますので、興味のある飼い主さんはチェックしてみては。

<参考>
猫が好む横幅は50cm以上なのニャ♪ 服部幸獣医師×ライオンが共同開発した猫トイレが登場
ここまで来たか…!スマホで遠隔操作もできる全自動猫トイレ「CAT LINK(キャットリンク)」

© Kao Corporation.

友だち追加

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

最近の投稿