ミネラルウォーターのエビアンから招き猫デザインの限定ボトルが発売!日本上陸35周年記念

ミネラルウォーターブランドの「エビアン」から、日本上陸35年を記念した限定デザインのボトルが2020年6月に発売されます。

数量限定ニャ

エビアンはフランスのダノン社が展開しているナチュラルミネラルウォーターで、1826年にボトル入りの水として販売を開始。

その元となっているのはフレンチアルプスの北麓に降りそそいだ雪や雨が大地に染み込んだ水で、氷河期に形成された地層を15年かけてゆっくりと流れることで、有害成分を取り除きながら地中からのミネラルを蓄積。外気に触れることなく採水地で直接ボトリングした水は、殺菌処理など一切の加工をしておらず、「自然のまま」の状態で世界130以上の国々へ販売されています。

日本では1985年から販売が開始されていますが、2020年の今年は35周年を迎える節目の年。それを記念して招き猫や富士山などのイラストがデザインされた8種類のボトル(330ml 6種/500ml 2種)が日本限定で発売されます。

デザインのテーマは「ありがとう、日本で35年。Celebrate Japan」。

メインビジュアル

実はエビアンのボトルデザインは今年の3月にリニューアルしたばかり。

生まれ故郷であるフレンチアルプスの朝焼けのグラデーションがモチーフカラーで、地平線が徐々に赤く染まっていく情景を通じて、自然なままの純粋さとユニークなミネラルバランスが表現されています。

アルプスの朝焼け
新ラベルデザインの「サンライズ」

新たに発売される限定ボトルでは、リニューアルデザインとの繋がりを意識しながら、時代が移り変わっても愛され続ける日本ならではの文化や美しさを表現。

330mlボトルには「TORII(鳥居)」「KIMONO(着物)」「YAKATABUNE(屋形船)」「MIKOSHI(神輿)」「Mt.FUJI(富士山)」「ORIGAMI(折り紙)」の6種類が、500mlボトルは縁起が良く幸福の象徴として親しまれている「MANEKINEKO(招き猫)」と「DARUMA(だるま)」の2種類があり、思わず集めたくなってしまうポップなデザインのボトルがラインナップしています。

屋形船/着物/鳥居/だるま
招き猫/神輿/富士山/折り紙

また、限定ボトルを購入するとオリジナルアイテムがもらえるキャンペーンも同時に開催。

アイテムは2種類のアイストレー(製氷皿)で、ピンクのトレーは全体がエビアンのボトル型になっていて、その中に「エビアンのロゴ」「富士山」「桜の花」の型が。レッドのトレーは全体がフレンチアルプスの山脈をイメージした形状で、中には「エビアンのロゴ」「招き猫」「だるま」の型がそれぞれ配置されています。

アイストレー2種

いろんな形の氷を作って楽しむのはもちろん、チョコレートやゼリーなどの型としても使えるアイストレーで、330mlまたは500mlのボトルを4本購すると数量限定で1つプレゼントしてもらえます。

エビアンの日本35年限定デザインボトルは6月1日(月)より、全国のコンビニエンスストアや量販店などにて販売される予定となっています。

参考:伝統的工芸品の「招き猫」もいるにゃ〜羽田空港の江戸小路に東京おみやげ専門店がオープン

(C) Danone Japan Co., Ltd.

最近の投稿