猫が似合う街・湯島で11回目の「ねこまつり」が開催!今回は地元の12店舗が参加

下町情緒が漂う街・東京都文京区の湯島エリアで2020年9月15日から、地元店舗による猫をテーマにしたイベント「ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~」が開催されます。

公式ポスター

学問の神様・菅原道真が祀られている湯島天神や創建1300年を超える神田明神など、歴史的な観光スポットを巡りながら街歩きが楽しめる一方で、下町情緒あふれるレトロなお店や景観が残っていることから猫が似合う街としても知られる湯島。

湯島天満宮

そんな街を訪れる人に猫を通じて楽しんでもらいながら、猫と人の幸せを願い、地域の活性化も兼ねて2015年に始まったのが「ねこまつり at 湯島」というイベント。

毎年2月と9月の中旬~後半にかけて湯島周辺の地元店舗が参加して行われていますが、11回目の開催を迎える今回は保護猫カフェや雑貨店、イタリアンレストラン、カフェ、甘味処、ジュエリーアトリエショップなど全部で12の店舗が参加。

開催期間を通常よりも2週間ほど延長するなど、来場者の密を避けるコロナ対策を講じながら実施されます。

王冠印雑貨店
ネコリパブリック東京 お茶の水店

会期中は各店舗が猫にまつわる「もの」「こと」「たべもの」などを期間限定で提供。

毎回人気のスタンプラリーや神社の御朱印をはじめ、前回に続いて宿泊プランも提供されるほか、初めての企画となる「ねこまつりフェスPOP-UPショップ」など様々な企画が予定されています。


スタンプラリー

イベント参加店舗での利用や購入時にもらえるスタンプを集める恒例企画。

「ねこまつり at 湯島」のスタンプラリーの台紙
スタンプラリーの台紙

10月末まで参加店で使える通貨「ニボシー」がスタンプの数に応じてもらえるほか、全店舗のスタンプをすべてコンプリートするとイベントオリジナルの記念品をプレゼントしてもらえます。

「ねこまつり at 湯島」のスタンプに応じてもらえる専用通貨「ニボシー」
専用通貨の「ニボシー」
記念品(金の煮干し)

ねこまつり限定御朱印

湯島天神と神田明神の間にある妻戀(つまこい)神社ではスタンプラリーを1つ以上集めた人を対象に、本イベント限定のオリジナル猫御朱印を頒布。

可愛いねこの御朱印

9/19、9/26、10/3、10/10の毎土曜日10:00〜15:00の時間帯に受け付けています。

妻戀(妻恋)神社の鳥居
妻恋神社

ねこまつり宿泊プラン

ねこまつりを楽しむ拠点として便利な東京ガーデンパレスの特別宿泊プラン。

東京ガーデンパレス

御茶ノ水駅の近くにありイベントの参加店舗にもアクセスしやすいホテルで、ねこまつりオリジナルグッズのプレゼントや参加店舗で優待を受けられるねこまつりパスポートがセットになっています。

プレゼント(勾玉猫の手ぬぐい)

ねこまつりフェスPOP-UPショップ

今回はイベント期間中の毎週日曜日限定でPOP-UPショップがオープン(11:00~16:00)。

ねこまつりフェスPOP-UPショップ

会場となる音楽教室「Studio Trianon」には日替わりで猫グッズを制作している作家さんが出店するため、訪れるたびに新しい出会いがあります。

また現在は、次回イベントのポスターやスタンプラリーの通貨に掲載される猫のフォトコンテストも実施中。ねこまつり公式のTwitter(@yushima_neko)またはInstagram(@nekomatsuri_yushima)をフォローしたのち、「#ねこまつりフォトコン5」のタグを付けて猫の写真を投稿するだけで応募することができます。

ねこまつりのパンフレットは参加店舗や近隣施設などで配布されており、スタンプラリーの用紙も兼ねているので、パンフレットを手に湯島の街を散策しながら楽しんでみては。

パンフレット(表面)
パンフレット(中面)

<イベント概要>
名称:第11回 ねこまつり at 湯島
期間:2020年9月15日(火)~10月18日(日)
場所:東京都文京区湯島地域

<参考>
猫に加えてキツネやウサギさんも!200点以上の動物作品を集めた「もふあつめ展」が開催
アイスランドからエジプトの子猫まで!約150点の作品を展示する岩合光昭写真展「こねこ」札幌で開催
木彫りの猫に囲まれて癒される♪兵庫の廃校を活用したアート施設で「猫だらけ展」が開催中

(C) ねこまつり at 湯島実行委員会

友だち追加

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

最近の投稿