8月18日はビーフンの日!猫好き向けに開発された「にゃきビーフン」の試食&配布イベントが開催

ケンミンの焼きビーフンでお馴染みのケンミン食品が8月18日(日)、東京有楽町と神戸三宮の2箇所で猫好きのための焼ビーフン「にゃきビーフン」の発売記念イベントを開催します。

「にゃきビーフン」の配布イベント開催風景

ビーフンは漢字で表現すると「米粉」。その名の通りお米から作られた細長い形状の麺のことで、中国南部の福建省周辺あたりで発祥したと言われています。

お米から作られた細長い形状の麺「ビーフン」

製造は中国や台湾、タイ、ベトナムなどアジア各国のさまざまな食品メーカーが手がけていますが、日本においてはビーフン専門メーカーの「ケンミン食品」が、鶏のだしが効いた昔ながらの醤油味の焼きビーフンを1960年に発売。

フライパンにビーフンと具材、水を加えて蓋をして3分加熱するだけで「誰でもプロの味」を再現できる手軽さと美味しさが人気を博し、今では国内シェアの約6割を占める定番商品へと成長。「ケンミンの焼きビーフン」のフレーズと共に多くの人々に親しまれています。

ケンミンの焼きビーフンの製品パッケージ
ビーフンと言えばコレ
ケンミンの焼きビーフンを調理して盛り付けたイメージ
手軽に作れるプロの味


 

そんな同社は、ビーフンにとって大切な「米」の字が「八、十、八」の字で構成されていることにちなんで、8月18日を「ビーフンの日」に制定。2006年8月には一般社団法人日本記念日協会に登録されています。

ケンミンの焼きビーフン60周年記念ロゴ

今年の「ビーフンの日」はフェリシモ猫部と共同開発した猫好きのための焼ビーフン、「にゃきビーフン」の無料配布&試食イベントを東京と神戸で開催。

「にゃきビーフン」は猫が大好きな「おかか」がパックで付属する商品で、かつお節が香る鶏だし醤油味、さらにパッケージもオリジナルデザインになっています。

ネコ好き向けのビーフン「にゃきビーフン」の製品パッケージ
猫も大好き「おかか」付き

東京会場では有楽町駅前の広場にて12時〜16時までイベントが行われ、キッチンカー前で13時〜と15時〜の各回300食ずつ「にゃきビーフン」の無料試食が配布されるほか、特設ブースでは12時〜と14時〜の各回818個ずつ「ケンミン焼ビーフン」が無料配布されます。

「にゃきビーフン」の無料試食、「ケンミン焼きビーフン」の不良配布イベント開催風景(東京有楽町)
昨年の開催風景 in 東京

またフォトブースでは、イベントの様子や配布した試食の写真をSNSに投稿すると「にゃきビーフン」を1個プレゼントしてもらえる企画も。

もう一方の神戸会場は神戸マルイ前東側にて11時〜開催。こちらは「にゃきビーフン」818個の無料配布が行われます。

「ケンミン焼きビーフン」の不良配布イベント開催風景(神戸)
昨年の開催風景 in 神戸

「にゃきビーフン」は8月16日からフェリシモ通販サイトで、8月18日よりフェリシモ猫部のポップアップストアや神戸南京町YUNYUNなどでも販売されるほか、2019年8月18日(日)~9月17日(火)にかけてはキャンペーンも実施。

キャンペーンサイトで「にゃきビーフン」または「ケンミンの焼ビーフン」を食べた感想を記入して応募した人の中から、222名に「にゃきビーフン5個セット」をプレゼントしてもらえます。

キャンペーンの詳細はイベント会場や、ケンミン食品の公式ホームページ、SNSなどにて告知される予定となっています。

(C) KENMIN FOODS co., ltd./FELISSIMO

最近の投稿