チラッと現れた猫の姿がたまらない…「ねこのひょっこり展」が開幕!ネコ写真家の作品も展示中

猫の写真展「ねこのひょっこり展」が2020年の2月15日から、大丸札幌店3階にあるショッピングゾーンKiKiYOCOCHO(キキヨコチョ)で開催されています。

「ねこのひょっこり展」大丸札幌店
© Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd.

ねこのひょっこり展とは、「みんニャでつくる写真展」をテーマに、猫が“ひょっこり”と可愛い顔をのぞかせる瞬間の写真を集めて行われるイベント。

昨年12月から今年の1月日まで一般公募が行われ、総勢2500点を超える写真が集結。その中から特に“ひょっこり感”を体現した作品は「KiKiYOCOCHOひょっこりアワードbyねこのひょっこり展」として、大賞(×1名)とKiKi de ひょっこり賞(×21名)が選出されています。

猫ハウスからひょっこり顔を覗かせる猫の写真 by ねこのひょっこり展
[大賞]もう少し遊びませんか? by レイアパパ
カバンからひょっこり顔を覗かせる子猫の写真 by ねこのひょっこり展
カバンからひょっこり by Kana
みんなでひょっこり顔を覗かせる猫たちの写真 by ねこのひょっこり展
みんなでひょっこり by 猫野四季


会場ではこれらの受賞作品を含む一般公募の写真に加えて、人気の猫カメラマンによる作品も特別に展示。

「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」の沖昌之さん、「飛び猫」などの写真集で知られる五十嵐健太さん、「ワル猫」「どやにゃん」の南幅俊輔さん、「猫どころカレンダー」の尾崎修二さん、猫びよりプラスで「この世界の片隅で、ネコ。」を連載している横尾健太さんなど、プロが捉えた「猫のひょっこり写真」も観賞することができます。

その他にも、ねこのひょっこり展オリジナルグッズや、猫本専門店「神保町にゃんこ堂」、「飛び猫」などのセレクトグッズを販売するポップアップショップなども登場し、展示だけでなくショッピングも楽しめるイベントとなっています。

苺の帽子をかぶって顔を覗かせる猫の写真 by ねこのひょっこり展
苺のお帽子似合うかにゃ by 三宅礼子
「家政婦は見た」の市原悦子のように顔を覗かせる猫の写真 by ねこのひょっこり展
棚からひょっこり by tirol301

また、同展の開催期間中は連動企画として、SNSキャンペーンや他店とのコラボも実施。

Instagramでは公式アカウント(@kikiyococho_sapporo)をフォローしたうえで、ねこのひょっこり展がオススメする3種類のアイテム(モノグラムペンケース、神保町にゃんこ堂ウォールステッカー、神保町にゃんこ堂トートバッグS)の投稿にそれぞれいいね!をすると、抽選で各1名にプレゼントしてもらえます。

3Fフロアにある5つの店舗では「にゃんにゃんスイーツ&ドリンク」を提供中。

「つつみや」では気まぐれ猫のピスタチオクレープ、「ライオンコーヒー」では猫の足跡つきのキャラメルミルク、「ラピッツア」では猫型マルゲリータ、「円山ジェラート」では猫クッキーの無料トッピング、「ビアセラーサッポロ」では”ねこにひき”という名のニューイングランドIPAなど、可愛らしい猫メニューが期間限定で販売されています。

写真展 概要

名称:ねこのひょっこり展 in KiKiYOCOCHO
期間:2020年2月15日(土)~2月29日(土)
時間:10:00〜20:00
入料:無料

会場:大丸札幌店3階 KiKiYOCOCHO

北海道札幌市中央区北5条西4丁目7

参考:猫のひょっこりはんを募集中!写真展「ねこのひょっこり展」3月20日から開催

情報提供:Sankei Shimbun

最近の投稿