人間のような猫の表情にうっとり…雑誌の表紙絵40周年を記念した村松誠さんの「犬猫イラスト展」

表情豊かな動物のイラストを描くことで知られる村松誠(むらまつ まこと)さんの原画展、「村松誠 犬猫イラスト展」が10月2日(水)より東京都千代田区の有楽町マルイで開催されます。

ビッグコミックオリジナルの表紙絵40周年記念、イラストレーター村松誠さんの原画展「犬猫イラスト展」メインビジュアル

村松さんは小学館から毎月2回(5日/20日)発行されている男性向けマンガ雑誌「ビッグコミックオリジナル」にて、1979年から長年にわたって表紙の絵を担当しているイラストレーター。

同誌の表紙に掲載されるイラストは動物をテーマに、立体的かつ人間のような表情豊かに描いた作風が特徴的で、とりわけ多く題材となっているのがネコとイヌ。中でも時に可愛く、時にコミカルに描かれるネコのイラストは「村松ネコ」と呼ばれてファンの間で親しまれています。



今年はビッグコミックオリジナルの表紙絵を担当してから40周年を迎える節目の年で、昨年には村松さんが描く「猫」ラベルのシングルモルトウイスキーが数量限定で発売されるなど、一足先に記念企画が行われていましたが、10月2日からは貴重な原画を展示する企画展が始まります。

会場となる有楽町マルイの8Fイベントスペースには、動物と人間を融合させたような愛くるしい表情のイラスト作品を50点展示。初めて表紙を飾った時の貴重なイラストをはじめ、毛並みの一本一本まで緻密に表現した作品の数々を間近に見ることができます。

ビッグコミックオリジナルの表紙絵「猫のイラスト」by 村松誠 原画展「犬猫イラスト展」
こんなに可愛いニャンコや
ビッグコミックオリジナルの表紙絵「犬のイラスト」by 村松誠 原画展「犬猫イラスト展」
ワンコの作品もあるニャ

写真のようなリアル感と現実離れした動物の表情が同居していて、不思議な感覚を覚えるイラスト作品ですが、一体どのように描いているのか?ちょっぴり気になるところ。

そんな好奇心を満たしてくれる展示も用意されていて、会場内には原画だけでなくイラストの作画工程が分かるような各種資料やパネルが展示され、村松氏が実際に使用しているという作画道具も公開。普段はなかなか知ることができないイラストの創作過程を垣間見ることができます。

会場への入場は無料で、ショッピングなどのついでに気軽に鑑賞することができるほか、グッズコーナーも併設。村松氏の直筆サイン入り複製版画をはじめ、イラストがデザインされたTシャツやトートバッグ、ボールペン、アクリルスタンドなど、さまざまな40周年限定グッズが販売される予定となっています。

村松誠の犬イラストをデザインしたTシャツ
Tシャツ
村松誠の猫イラストをデザインしたトートバッグ
トートバッグ
村松誠の猫イラストをデザインしたボールペン
ボールペン
村松誠の猫イラストをデザインしたアクリルスタンド
アクリルスタンド

イベント概要

名称:村松誠 犬猫イラスト展
期間:2019年10月2日(水)~10月16日(水)
時間:11:00~21:00
  :10:30~20:30(日・祝)
  :11:00~19:00(最終日)

会場:有楽町マルイ 8Fイベントスペース

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1

参考:限定115本!村松誠さんの描く「猫ラベルウイスキー」が発売されるニャ

©MAKOTO MURAMATSU・SHOGAKUKAN

最近の投稿