限定115本!村松誠さんの描く「猫ラベルウイスキー」が発売されるニャ

イラストレーターの村松誠さんが描く、かわいい猫のイラストをラベルにしたシングルモルトウイスキーが2018年10月25日に発売されます。

ウイスキー『村松誠 猫ラベル』グレン・エルギン1995可愛い猫のウイスキーなのニャ

村松さんは小学館発行の男性向け漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」にて1979年から長年にわたって表紙の絵を担当しているイラストレーターで、立体的で人間のような豊かな表情を描いたイラストは「村松ネコ」と呼ばれファンの間で親しまれています。

来年2019年は、そんな村松さんによる表紙絵が40周年を迎える節目の年。それを記念して村松さんが描く「猫」ラベルのシングルモルトウイスキーが数量限定で販売されることが決定しました。

実は昔から深い関係がある、ウイスキーと猫。

北海道ほどの面積の土地に100以上もの蒸留所を抱えるウイスキーの主要生産国・スコットランドでは、原材料の大麦をネズミなどの被害から守るために昔から猫を飼うのが伝統的で、彼らはウイスキーキャット(WhiskyCat)やマウザー(Mouser=ネズミ捕り)などと呼ばれ蒸留所で飼育されてきました。

同国に古くからある蒸留所では、24年間の生涯で推定28,899匹ものネズミを捕まえて「世界一ネズミを捕った猫」として敷地内にブロンズ像が設置され、ギネスブックにも掲載された猫(=Towser/タウザー/1987年没)もいるほど。


しかし現在は、貯蔵技術の向上や食品を扱う建物内で生き物を飼うことへの規制などによりほとんど姿を消しており、代わりに広報大使として活躍している猫が多いのだとか。

今回発売されるのは、そんな「ウイスキーキャット」の名を冠するとともに、村松さんの描いた猫のイラストをラベルに採用したウイスキーで、ボトルに詰められているのは桃のようなジューシーなフルーティーさが特徴のシングルモルトウイスキー「グレン・エルギン1995」。

村松誠さんの猫イラストをラベルに採用したウイスキー猫の眼差しがたまらないニャ〜

ホワイトホースにも使われるスペイサイド地域のモルト原酒として知られており、1995年に蒸留、熟成年数は22年。シリアルナンバー入りの限定ボトルとなっています。

発売日は2018年10月25日9時30分から、小学館の総合通販サイト・小学館パルショップでのみ販売される予定です。

<商品概要>
名称:村松誠 猫ラベル グレン・エルギン1995
価格:24,840円
個数:115本限定
原産:スコットランド

<詳細>
内容量:700ml/アルコール度数:50.8%
販売者:小学館集英社プロダクション

また、11月には村松誠さんの猫愛あふれるイラスト全12点を収録した猫カレンダーも発売を予定。

2019年 ビッグコミックオリジナル 村松誠 猫カレンダー

もふもふの毛並み、やわらかそうな肉球、ぷっくり口元の愛くるしい表情など、かわいい猫のイラストを毎月楽しめるカレンダーで、壁掛けにピッタリなの大判サイズ(A2判/420ミリ×594ミリ)となっています。

興味のある方はこちらもチェックしてみては。

(C)MAKOTO MURAMATSU・SHOGAKUKAN