大ヒット猫マンガ「俺、つしま」のアニメ化が決定!主役猫は大塚明夫 × 飼い主役は田中真弓

リアルな描写と猫愛あふれるストーリーで人気の猫マンガ「俺、つしま」が2021年夏、アニメ化されることが明らかになりました。

Twitter発の猫マンガ

同作は兄妹ユニット「おぷうのきょうだい」が描くマンガ作品で、作画を兄、文章とストーリーを妹が担当。

キジトラ猫の主人公「つしま(通称:つーさん)」と、飼い主であるおじいちゃん(実際は女性)を中心に展開するストーリーは、笑いと感動に満ちたエピソードや「猫あるある」な要素が満載で、魅了されてしまうネコ好きさんが続出。

第3巻まで発売されている単行本は累計42万部を超えるヒットを記録しています。

現在3巻まで発売中

そんな注目作が今夏アニメ化されることが決定。

猫のしぐさや細かな毛色の表現まで、数ある猫マンガの中でも「特に描写がリアル」と評される同作が、アニメではどのように描かれるのか気になるところですが、アニメ化の発表と同時に公開されたキービジュアルからは、漫画とはひと味違ったタッチであるものの、「つしま」のふてぶてしさがひしひしと伝わってきます。

アニメ版キービジュアル

その「つしま」を演じるのは、『紅の豚』のカーチス役、『ONE PIECE』のマーシャル・D・ティーチ/黒ひげ役、『バキ』の範馬勇次郎役などで知られる声優の大塚明夫さん。

大塚明夫(Akio Otsuka
つしま(つーさん)

ハードボイルドな雰囲気が漂う猫役の起用に喜びのコメントを寄せています。

「つしま役の大塚明夫です。いやー楽しい♪♪
猫ですよ猫! 勝手気ままでよし!
パートナーは超ベテラン♪ 絡みは楽しい。
話しも楽しい。原作も楽しい。
60も過ぎたのにこんなに楽しくていいんでしょうか?
ホントにありがたいことです。
これあと30年くらいやりたいです。
ありがとうございます!」
(大塚明夫さん)

一方、つしまを保護した「おじいちゃん」を演じるのは声優の田中真弓さん。

田中真弓(Mayumi Tanaka

おじいちゃん

過去に『天空の城ラピュタ』パズー役、『ドラゴンボール シリーズ』クリリン役、『ONE PIECE』モンキー・D・ルフィ役など、錚々たるキャラクターを演じてきた田中さんが、自身でもはまり役であると語る「おじいちゃん」をどのように演じるのか注目が集まります。

「“おじいちゃん”と呼ばれてしまうおばちゃんという役どころは、自分で言うのも何ですが、ピッタリだと思います。つしまさんは、カッコいいです。おじいちゃん役のおばちゃんである私も“おじいちゃん”同様つしまさんが大好きです。」
(田中真弓さん)

その他にも監督・脚本はアニメ「ポプテピピック」でディレクターや構成を担当した青木純さん、アニメーション制作は「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を手掛けたファンワークスが担当するなど、制作陣も豪華な顔ぶれの本作。

アニメ放送の前月である2021年6月には、先行してアニメファンブックの発売も予定されています。

<参考>
小関裕太・武田玲奈・高橋ひとみも出演決定!ドラマ「おじさまと猫」の追加キャストが発表
吉田類さんが通いそうな猫の居酒屋が舞台、人気の猫マンガ「トラとミケ」の第2巻が登場
炭治郎の肩に乗ってるのは…ねこ!鬼滅キャラが猫と戯れるイベントがナンジャタウンで開催

(C) ©おぷうのきょうだい・小学館/俺、つしま製作委員会2021

最近の投稿