猫が噛んでも大丈夫!超タフなmicroUSBケーブルとAC式充電器が登場

猫を飼っていると心配になるのが、電気コードなどのケーブル類を噛んでしまうこと。

猫とケーブル・コード

いままで全く興味を示さなかったのに、気づいたらいつの間にかケーブルに歯型が付いていた・・なんて経験がある飼い主さんもいるのでは。しかしケーブルを噛んでしまうと猫が感電してしまう危険性がありますので、愛猫の安全を考えると何か対策をしておきたいところですよね。

よくあるのがコードカバーなどで覆って猫が直接噛めないようにすることですが、ケーブル類にひとつずつカバーを取り付けるのはちょっぴり面倒だったりします。

そんな中、PC周辺機器やスマートフォン・タブレットアクセサリーの製造販売を手がけるオウルテックから先月、猫が噛んでも大丈夫な強度で作られたmicroUSBケーブルとAC式充電器が発売されました。

猫が噛んでも大丈夫な強度で作られたmicroUSBケーブルとAC式充電器

何でも猫に充電ケーブルを噛みちぎられた社員の経験を元に開発された製品なのだそうで、素材には高機能繊維のアラミド繊維を採用し、50,000回以上にのぼる折り曲げ試験にも合格。その頑丈な性質から「超タフストロングケーブル」と名付けられた、いかにも強そうな名前の製品シリーズなのです。

なかなか斬新なネーミングのケーブルですが、プロモーションビデオを見れば納得。

まさに、ケーブル界最強の名を欲しいままにしているかのような製品で、噛み癖のある猫を飼っている人にはちょっぴり気になるアイテムですよね。

耐久性だけでなく柔軟性をも兼ね備えた超タフストロングケーブルは、内部に防弾チョッキなどに使用されているアラミド繊維を採用することにより、高い耐久性を確保。アラミド繊維とは強度・磨耗に強い素材で、鋼材よりも重量が軽いにもかかわらず引張強度は数倍にも達するなど、他の繊維では追尾できないほどの強度を誇り、通常のハサミでもなかなか切れないぐらいに強靭な繊維なのだとか。

超タフストロングケーブル「micro USBケーブル」超タフストロングケーブル「micro USBケーブル」

また、内部だけでなく、ケーブルを覆っている外側の素材にも新型の強化メッシュが使われているほか、付け根部分を独自形状のロングブッシュ設計にする事で断線しにくい構造になっているのも特徴です。

そのほか、急速の充電・データ転送にも対応。USB ACアダプタやパソコンと、スマートフォンやタブレットなどの端末を接続して、急速充電やデータ転送ができるmicroUSBケーブルで、最大5V、2.4Aの大電流で接続機器の充電が可能。USB2.0規格に準拠した480Mbpsの高速データ転送にも対応しています。

超タフUSB Type-CケーブルAC充電器USB Type-CケーブルAC充電器も発売

保有するモバイル機器が増えるにつれてケーブル類も増えてしまうので、その分、猫が噛まないようにするのは大変ですが、ケーブル自体が噛んでも大丈夫な設計になっていれば都度対策しなくてもよいので便利ですよね。

今回ご紹介した超タフストロングケーブルの新製品、「micro USBケーブル」と「USB Type-CケーブルAC充電器」シリーズは、12月下旬より家電量販店などで発売されています。

 


超タフストロングケーブル「micro USBケーブル」

<型番・仕様>
OWL-CBM2KMU12-BK ブラック/1.2m
OWL-CBM2KMU20-BK ブラック/2m

 

超タフUSB Type-CケーブルAC充電器

<型番・仕様>
OWL-ATC15US-BK ブラック/1.5m
OWL-ATC15US-WH ホワイト/1.5m
OWL-ATC20US-BK ブラック/2m
OWL-ATC20US-WH ホワイト/2m
※USBポート1つと Type-Cケーブルが本体直差しの電源アダプタタイプ

<型番・仕様>
OWL-ACS-KCA15-BK ブラック/1.5m
OWL-ACS-KCA15-WH ホワイト/1.5m
※USB Type-Cケーブル(充電/データ転送可)と2ポートのUSB電源アダプタのセットタイプ

出典:atpress.ne.jp