揺りかごのようにゆらゆらと揺れるダンボール猫ベッド「ねこちぐら」

猫用品ブランドの「nekoto_(ねこと)」から2018年3月29日、猫がゆらゆら揺られてくつろげるベッド「ねこちぐら」が発売されます。

猫ベッド「ねこちぐら」 by nekoto_(ねこと)

「nekoto_」とは、ダンボールを使った収納用品の企画や製造販売を手がけるバンドー株式会社が展開している猫用品のブランドで、「ねことわたしがお互いに少しずつ歩み寄り想いあって末永く暮らしていく」をコンセプトに、ダンボール製の爪とぎ猫ベッドなどを製作しています。

猫用品ブランド「nekoto_(ねこと)」

3月29日から発売されるのは、揺りかごのような形をした「ねこちぐら」という製品。

猫ちぐらと言えば、稲わらを編んで作った猫用の籠のことを思い浮かべる人が多いのではないかと思いますが、

猫ちぐらでくつろぐ猫のイメージ写真猫ちぐら

今回ご紹介する「ねこちぐら」はダンボール製の猫ベッドで、猫ちゃんが中に入ってのんびりとくつろぐことができるアイテムです。

ダンボール猫ベッド「ねこちぐら」でくつろぐ茶白猫手狭な感じが心地良いのですにゃ

一見、ダンボール製の何気ない猫ベッドに見えますが、実は底の部分が丸みを帯びた形状になっているため、中で猫ちゃんがもぞもぞしたり飼い主さんが押してあげたりすると、ベッドがゆらゆらと揺れる構造になっているのが大きな特徴です。

ダンボール猫ベッド「ねこちぐら」の中でびっくりする猫底に傾斜がついているのが分かるニャ

その他にも猫ちゃんが好みそうな適度な「狭さ」と「暗さ」を考慮して作られているほか、アゴをのせてリラックスするのが好きな猫ちゃんのためにベッドの縁取りも太めの設計に。

ダンボール猫ベッド「ねこちぐら」の縁にアゴを乗せる猫アゴ乗せ好きにも快適にゃー

また、猫ちゃんが座っている底の部分は爪とぎ素材になっているため、中でバリバリと爪をといでストレス発散することもできる、猫ちゃんにとっては至れり尽くせりの空間となっています。

爪とぎ一体型のダンボール猫ベッド「ねこちぐら」爪をといでも揺れそうニャ

猫ちゃんが好きそうな居心地を考えて作られた仕様になっていますが、Twitterのフォロワーさんと共同企画したというこの商品は、猫の飼い主さんたちの要望が多く盛り込まれており、さらにモニターを重ねて完成に至ったこだわりの猫ベッドなのだとか。

揺れるダンボール製の猫ベッド「ねこちぐら」

ロッキングチェアのようにゆらゆらと揺れるタイプの猫用品はちょっぴりお高いイメージもありますが、このベッドはダンボール製なので価格も2,500円とリーズナブル。環境にも優しいエコなアイテムとなっています。


名称:ねこちぐら
材質 : ダンボール
寸法:幅32cm × 奥45cm × 高39.5cm
個装:L48.5cm × W37cm × H6cm
重量:約 750g

本記事で登場した猫用品ブランド「nekoto_(ねこと)」は、今月末から開催される国内最大級のペットイベント「インターペット2018」にもブースを出展。「ねこちぐら」をはじめ、ダンボール製の爪とぎや猫ハウスなどのオリジナル製品が展示されるほか、巨大フォトブースなども登場する予定となっています。

<インターペット2018 出展概要>
期間:2018年3月29日〜4月1日
会場:東京ビッグサイト 東1ホール
番号:1-212
名称:nekoto_ /バンドー株式会社

画像提供:BANDO CO., LTD.