猫の指輪をはめてコロナ対策!接触感染を減らすシルバーリング「mamotte(マモッテ)」

日常的なマスク装着や、こまめな手洗い&手指消毒、ソーシャルディスタンス。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、私たちの生活様式は以前と比べて大きく変化しています。

そんな中、注目を集めているのが非接触グッズ。ドアノブや吊り革など、外出先で他人が触れやすいモノに素手で触ると病原体が付着しやすいことから、指や手の代わりとして使える様々なアイテムが販売されています。

しかし、その多くは金属製のドアオープナーのような製品で、ポケットやバッグなどに入れて持ち歩く必要があるほか、使うタイミングでパッと取り出せなかったり、場合によっては紛失してしまう恐れも。

こうした悩みを解消してくれるのが、今回取り上げる指輪型の非接触アイテムです。

接触予防リング mamotte(マモッテ)

この指輪は装着したまま手指を使わずに「押す&引く」といった動作を行うことが可能。

例えばエレベーターのボタンやATMの画面など「押す動作」が必要な時には、指を曲げリング先頭の突起部分を使って押すことができます。

ボタンを押したり
タッチパネルや
タブレット&スマホもOK

その他にも自動販売機のボタンやコンビニのコピー機など、ウイルスが付着してそうな機器でも直接触れずに操作することができます。

逆に「引く動作」をしたい場合は指輪のアーム部分を使用。

普通の指輪はアームがきれいな円形状をしていますが、本製品はアームのボトム中央が凹んだ形状になっていて、そこにドアノブを引っ掛けることで手指を触れずにドアを引いて開けられるようになっています。

引く動作のイメージ


この凹みは丸みを帯びた棒状のモノであれば引っ掛けやすいので、手すりや吊り革などに指を引っ掛けて少しだけ体を支えたりすることもできるほか、凹み部分の向きを反対側に180℃回転させると「押す動作」に応用することも可能。

押して開けるタイプのドアノブに当ててグッと力を入れると扉を開けることができます。

凹みを上にすると
力を入れて押せる

どのシーンでも指にはめていれば必要なタイミングで素早く使えるのが指輪型のメリット。アクセサリーとして身に付けられるので持ち運びを意識する必要もありません。

コロナ対策には見えニャい

デザインは曲線的な「ラウンドタイプ」と、直線的な「スクエアタイプ」の2種類がラインナップ。いずれもオプションで猫モチーフのロゴが浮かび上がるようなデザインにすることもできます。

ラウンドタイプ/スクエアタイプ
猫のロゴ入りバージョン

このアイテムを開発したのは、熊本でジュエリーの制作販売を手がけるCatton(キャットン)。

デザインから製造までを自社工房で一貫して行う手作りのジュエリーブランドで、猫といつも一緒にいられる感覚を味わえるネックレスやリング、ピアス、ブレスレットなど、猫をモチーフにしたデザインのジュエリーを実店舗やオンラインストアで販売。

ジュエリー工房としては日本初という「保護猫譲渡ステーション」が店内に設けられており、お店を訪れたネコ好きな人はいつでも保護猫たちとふれあえるなどユニークな取り組みも行っています。

ネコ好きのためのジュエリーブランド「Catton」(キャットン)の工場&ショップ外観
工房&ショップ外観
Catton(キャットン)の中にある保護猫譲渡センター
中には保護猫ステーションも

今回紹介した指輪型の非接触アイテム「mamotte(マモッテ)」は、ジュエリー工房を営む店主自身が、ボタンやドアノブを直接触ることに違和感を持ったことをきっかけに考案。職人の手によってひとつひとつ制作されたものなのだとか。

価格は1個7,900円。2020年5月より同社のオンラインショップにて販売されています。

<参考>
猫に優しい手作りジュエリー工房「Catton(キャットン)」が熊本にオープン
猫でコロナ対策!触れずに押したり引っ掛けたりできるネコ型の非接触グッズ「ヒバタッチ」

(C) Catton

最近の投稿