食卓が楽しくなりそう♪ 猫の大根おろしアートが作れるキッチン雑貨「大根おろしニャン」

大根おろしで作った動物やキャラクターを料理に添えると、可愛らしい見栄えを楽しめるとあって近年注目を集めている「大根おろしアート」。

「大根おろし猫」
「シロクマ鍋」

テレビやソーシャルメディアではたびたび話題になっているほか、その作り方を記したレシピ本まで登場するなど大きな盛り上がりを見せていますが、大根おろしはすりおろすだけでも面倒くさいのに、汁気があって柔らかいから動物の形を作るのは難しそう……というイメージから、やってみたいけれど躊躇していたという人も多いのでは。

そんな大根おろしアートを手軽に作れるキッチン雑貨が登場しました。

「大根おろしニャン」

その名のとおり、柔らかい大根おろしを猫の形に整えることができる型で「本体の型+中敷き+押し具」の3点をセットにした商品。

商品イメージ

作り方はシンプルで、本体をひっくり返して中敷きを付けたら、大根おろしを中にたっぷりと詰め込みます。後は押し具でぎゅっと汁を切ったら、本体を裏返して型と中敷きを取るだけ。

全長約6cmのネコがちょこんとお座りしている姿ができあがります。

まずは中敷きをセット
大根おろしを詰めたら
押し具で汁を切る
ひっくり返したら
外側の型を外して
中敷きを取れば完成

これだけだと全身真っ白なままなので、黒ゴマで目をつけると猫っぽさがアップするほか、お醤油で模様をつけるとより可愛らしい見た目にデコレーションすることが可能。

濃淡をつけて茶トラ模様のようにしたり、海苔もまぶして三毛柄にしたりと、自分好みの猫にして楽しむことができます。

手軽な大根おろしアート

製造元メーカーによると、耳の部分にしっかりと大根おろしを詰めるのがキレイに仕上がるコツで、模様は醤油を1滴ずつ直接垂らすよりも、フォークの先やつまようじの後ろなどで少しずつ付けていくと上手に着色できるのだとか。

こんな感じニャ

出来上がった大根おろしは、焼き魚の上に置けばお魚を食べているように見えるほか、お鍋に入れればお風呂に浸かっているようなほっこりした光景を演出することができるなど、食卓を楽しい雰囲気にしてくれそう。

焼き魚バージョン
お鍋バージョン
ニンジンで作ってもOKニャ

その他にも天ぷらや和風ハンバーグなど、大根おろしを添える料理であれば相性が良さそうこの「大根おろしニャン」。

価格は1個180円(税抜)で、2021年2月1日より発売される予定となっています。

品名:大根おろしニャン
材質:ポリプロピレン BPAフリー
耐冷・耐熱温度:-20度・120度
発売:KOKUBO

<参考>
肉球サンドイッチも作れるニャ!貝印の猫型キッチン雑貨 Nyammyシリーズの第4弾が登場
これは縁起が良さそうニャ!?招き猫の形をした盛り塩を作れる「にゃんでも招き猫メーカー」
ニャンともかわいい猫の紙ナプキン♪ 遊び心あふれる猫グッズがイギリスの雑貨ブランドから登場

画像提供:KOKUBO Co., Ltd.

最近の投稿