ホテルの黒猫マスコットに抱きしめたくなる大サイズ版が登場!売上の一部は保護猫活動に寄付

大阪・心斎橋の駅前にあるホテル日航大阪で、黒猫をモチーフにしたオリジナルマスコット「アメちゃんねこ」の大サイズが発売されました。

ホテル日航大阪の外観イメージ
ホテル日航大阪

大阪のメインストリートである御堂筋に面した同ホテルは、館内に大小13の宴会場やチャペル、エステティックサロンなどを備える総合施設で、2022年の今年は開業から40周年を迎えることから、初となるマスコットキャラクター「双子のアメちゃんねこ」を制作して発表。

まんまるなお目々にキュッと結んだ口元が可愛らしい黒猫のマスコットで、胸には何故かヒョウ柄のキャンディを抱きかかえています。

ホテル日航大阪の黒猫マスコットキャラクター「ぎん(銀)ちゃん、あん(杏)ちゃん」
アメちゃんを持った不思議なねこ

これは、いつもアメちゃんを持ち歩いている「大阪のおばちゃん」の親しみ要素を取り入れて考案された猫キャラクターで、黄色い目に茶色のアメちゃんを持っているのが「ぎん(銀)ちゃん」 で、青い目にピンク色のアメちゃんを持っているのが「あん(杏)ちゃん」。

ホテルオリジナルの双子の黒猫マスコットとして、手乗りサイズの小さなぬいぐるみ(座高約10cm)が販売されています。

今回新たに倍の大きさ(座高約20cm)になった大サイズ版が登場。

黒猫をモチーフにしたマスコット「アメちゃんねこ」の大サイズ版 by ホテル日航大阪
並べて飾ると家族みたいニャ

小サイズ版は手乗りサイズ&ボールチェーン付きで、リュックなどに取り付けて持ち歩くことを想定した作りになっていましたが、大サイズ版はボールチェーンが付属しておらず、ぎゅっと抱きしめたりお部屋に飾ったりするのにぴったりなサイズ感。双子のペアで飾ると存在感が一層高まりそうです。

大サイズの価格は1体2,800円で、ホテル日航大阪の2階フロントや公式オンラインショップで発売中。ペアで購入すると通常は5,600円ですが、2022年12月31日(土)までは特別価格の5,000円で販売されています。

また、この「アメちゃんねこ」は大サイズの発売と同時に、売上の一部を動物愛護施設へ寄附する仕組みを導入。

2022年4月29日以降に販売される商品を対象に、小サイズは1体販売につき50円を、大サイズは1体販売につき100円が、犬猫の理由なき殺処分ゼロを目指して動物愛護に関する施策や事業などを行っている『おおさかワンニャンセンター』(大阪市動物管理センター)に寄附され、保護猫活動に役立てられます。

<参考>
大阪のおばちゃん要素を取り入れた黒猫とは?ホテル日航大阪がマスコットキャラを公開
黒猫をモチーフにした真っ黒なハンバーガーが登場!本厚木のビアバーで黒猫ビールと一緒に味わえる
個性的な黒猫たちが大集合!一冊まるごと黒猫の魅力を紹介する書籍「黒猫まみれ 黒もふ特盛号」

(C) Okura Nikko Hotel Management Co.,Ltd.

最近の投稿