黒猫の歴史から話題の猫まで紹介!一冊まるごと黒猫にフォーカスした雑誌「黒猫まみれ」

漆黒の被毛をまとったミステリアスな佇まいから、欧米では不吉な存在として忌み嫌われた悲しい過去を持つ黒猫。

黒猫は好きですかニャ?

一方、国によっては商売繁盛や幸運の象徴とされているほか、日本でも人気アニメのキャラクターや企業のロゴマークに起用されたりするなど、世間一般に親しまれている猫のひとつ。

むしろ愛猫家の人たちの中では黒猫の人気が高く、様々な企業が行う「猫の好きな柄ランキング」「飼っている猫の柄ランキング」調査では、いずれもトップ5にランクインすることが多い人気猫なのです。

そんな黒猫の魅力をたっぷりと詰め込んだ書籍が、白夜書房から刊行された「黒猫まみれ」。

表紙イメージ

表紙の黒猫写真を手掛けたのは「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」などの著作で知られる猫写真家の沖昌之さん。

その真っ黒さゆえに、猫の中で撮影するのが一番難しいとされる黒猫の眼差しをはっきりと捉えたショットで、本屋さんで思わず目があったら釘付けになってしまいそうな印象的な表紙となっているほか、「自由気ままな黒猫」のコーナーでは沖さんがこれまで各地で出会った黒猫たちの中から、厳選した黒猫たちの自由気ままな姿を8ページにわたって公開しています。

ねこ写真家が撮る黒猫


茶トラ、キジトラ、白猫、三毛猫など他の猫と同じように、黒猫の中にもメディアなどに露出して多くの人々に知られている有名な猫が存在します。

「あのスター黒猫は今!?」のコーナーでは、窓拭きおじさんに夢中な「ギネス」、警備員さんと攻防を繰り返す「ケン」、美術館のお庭番「黑の助」、世界37ヶ国を旅する「ノロ」、黒猫ろんと暮らしたら「くろあん(ろん)」 など過去話題になった黒猫の現在に迫っているほか、「SNS発!バズり黒猫」と題したSNSでバズった黒猫たちにクローズアップする特集も掲載されています。

貴族のような黒猫ニャ

また、本屋・アトリエ・美術館・民宿など全国各地のお店でマスコットとして愛されている黒猫を紹介する「黒猫看板猫をたずねて」や、東京の下町で遭遇した黒猫たちの何気ない姿を捉えた「東京路地裏黒猫譚」など、街歩き気分に浸りながら黒猫を楽しめるコンテンツも充実。

生の黒猫に会える看板猫
夕暮れの路地裏に現れた黒猫

その他にも「黒猫ってどんな猫?」「黒猫の歴史」といった基礎的な情報から、「黒猫カフェ&スイーツ」「100円グッズの黒猫アイテム」などの旬な情報、さらには愛猫の自慢ギャラリーまで、不思議な魅力を持つ黒猫にあらゆる角度から光を当てた一冊となっています。

書名:黒猫まみれ
頁数:128ページ
出版:白夜書房
発売:2020年12月21日

<参考>
コロナ禍でも猫と旅気分を味わえるニャ!旅行誌のまっぷるから猫版の『にゃっぷる』が登場
キジトラ猫は好きですか…?キジトラ&キジシロ柄の猫だけを収録したマニア向け写真集が登場
なぜ猫は潜ってしまうのか…?穴に出入りする猫たちの決定的瞬間を捉えた写真集「あなねこ」

(C) Byakuya-Shobo Co.Ltd

最近の投稿