キジトラ猫は好きですか…?キジトラ&キジシロ柄の猫だけを収録したマニア向け写真集が登場

世の中にはさまざまな毛色や模様をした猫が存在しますが、大昔、野生の猫として暮らしていたイエネコの祖先には、キジトラ柄の個体しかいなかったと言われています。

私がキジトラです

つまり、すべての猫(イエネコ)のルーツはキジトラにあり。
「始まりの猫」といっても過言ではありません。

一方、現代でもネコ好きな人の中にはファンが多いキジトラ柄。

別名、ヨモギ猫・藤猫とも

ペット保険のアイペット損保が2017年に発表した「猫の好きな毛色ランキング」では茶トラに次ぐ2位に、ペット専門サイト・アイリスペットどっとコムが2019年に発表した「飼い猫の柄ランキング」では見事1位に輝くなど、好きな人が多いだけではなく実際に飼っている人も多い猫ちゃんなのです。

そんなキジトラ好きな人にはたまらない写真集が東京ニュース通信社より刊行されました。

その名も「キジトラ猫だけ!」

登場する猫はいずれもSNSで人気&注目のキジトラ&キジシロ猫ばかりで、次から次へと現れるキジトラ模様に心ゆくまで癒やされることができます。

同じ柄でも個性はそれぞれ
レアポーズの猫ちゃんも


また、猫好きな人の中には「足が好き」「後ろ姿が好き」といった具合に、お気に入りの部位やポーズがあるという人も少なくありませんが、本書では「キジトラ×テーマ別」の写真を、あいうえお順に掲載。

キジトラの中でも「●●に特化した写真が見たい!」という欲望を叶えてくれます。

<掲載テーマ例>
あくび、あごのせ、あし、いっちょうら、うしろすがた、えもの、おすわり、かくれんぼ、季節とともに、食いしん坊、etc……。

かくれんぼ猫
ウインク姿もキュート
猫界のオタクを発見
お腹も美しいキジトラ模様
貫禄たっぷりの猫ちゃんも

思わずクスリと笑ってしまうチャーミングな姿から、キリッとしたかっこいい表情まで、愛くるしい写真を100ページ近くにわたって掲載している本書。

キジトラの素晴らしさを再確認したり、新たな魅力に気づかせてくれる、そんな一冊となっています。

何も見えませんニャ

ちなみに兵庫県神戸市の垂水駅近くには、「しましま屋」というキジトラ専門の猫カフェも存在。キジトラ好きな人なら一度は訪れてみたいお店ですね。

書名:キジトラ猫だけ!
発行:東京ニュース通信社
頁数:98ページ
発売:講談社
刊行:2020年9月23日(水)

講談社
¥1,540 (2020/10/29 11:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

<参考>
熾烈な順位争いが勃発!猫の種類・柄・名前ランキングが発表(猫の国勢調査2019)
1位は僅差で茶トラ猫!飼い主さんに聞いた、ネコの好きな毛色(柄・模様)&パーツランキング2017
キジ猫好きにはたまらない、キジトラ専門の猫カフェ「しましま屋」

(C) Tokyo News Service, Ltd.

最近の投稿