フェティシズムの旗手による話題作、猫と女性の胸をモチーフにした写真集第2弾「パイパイニャン」

女の子の胸元にじゃれつく猫の写真を収録した写真集「パイパイニャン」が8月18日に玄光社より刊行されました。

本書は2017年に発売されたネコとおっぱいをテーマにした写真集「パイニャン」の第二弾となる書籍で、おっぱいの中でまったりする猫、おっぱいを探す猫、おっぱいにじゃれつく猫など、96ページにわたり様々な猫とおっぱいの写真が掲載されています。

sample image 1
sample image 2
sample image 3

sample image 4
sample image 5
sample image 6
sample image 7

著者は写真家の青山裕企(あおやま ゆうき)さん。

個展の開催や国内外の展覧会に作品を出品するなど写真家として活動を続け、2007年にはキヤノン写真新世紀優秀賞を受賞。吉高由里子、指原莉乃、生駒里奈、オリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる著名人の写真集も数多く手掛けています。

その一方で、サラリーマンが空に向かって跳んでいる瞬間に現れる個性を捉えた「ソラリーマン」や、猫と女性の太ももをテーマに撮影した写真作品「ネコとフトモモ」など、ユニークな作品も多数発表。

Amazonより

サラリーマンや女子学生など「日本の社会における記号的な存在」をモチーフにした作品は、自身の父親・少女像や思春期観などを反映させながら制作しているといいます。

また、ニコとカノという2匹のねこを飼っている愛猫家でもあり、本書はそんな著者による81冊目となる書籍。

猫を飼い始めてからは初めての猫写真集となるのだそうで、猫のどのような表情が捉えられているのか前作との違いにも注目が集まります。

書名:パイパイニャン
発売:2020年8月18日
判型:B5変型判 96ページ
出版:玄光社

全48種類のニャンコを収録!猫の歴史から生態まで学べる「世界中で愛される美しすぎる猫図鑑」
人と猫が一緒に幸せになれますように…猫愛あふれる写真にポエムを添えた写真集「猫は家族」
猫に寄り添う人の気持は世界共通ニャ!岩合光昭氏の新しい写真集「スタンド・バイ・ニャー」

(C) GENKOSHA Co.

最近の投稿