猫の切り絵作品もあるニャ!きりえや高木亮氏の個展が田園調布で開催

切り絵作家・高木亮さんの作品を展示する個展が昨日1月6日(土)から、東京都の田園調布で開催されています。

高木亮きりえ展〜ナイフで切り取る物語(C) Ryo Takagi

きりえ画家・作家として活躍している高木さんは、大学在学中に独学できりえ制作を開始。ポストカードやカレンダー、グッズ制作などを行う傍ら、これまでに個展やメディアを通じてさまざまな作品を発表しており、きりえの画文集やレッスン本などの著作も数多く出版。

本名だけでなく「きりえや」との名称で活動することでも知られています。

制作においては物語性のある作品づくりを得意としており、叙情的な風景からひねりの利いたパロディ作品までを幅広く手掛け、「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい」世界を感じさせる作風が特徴的な作家さんです。

昨日から始まった個展では、きりえで描いたカレンダー作品「2018ユメとバルーンカレンダー」の原画を中心に、今年の干支である犬や冬をテーマにしたものなど、大小あわせて25点ほどの作品が展示されているほか、きりえの制作過程を説明した展示も設置されています。

もちろん猫をモチーフにした作品も展示。ウェブマガジン「にゃなか」で高木さんが連載中の「ねこペティ」より、かぼちゃ、ブリ、レンコン、ふきのとう、はっさく、いちじく、とうもろこし、イチョウ、さつまいも、しゃけおにぎり、などの作品が展示されています。

会場は東急東横線/目黒線の田園調布駅前にある、東急リバブル田園調布センター1Fコミュニティプレイス。1月12日と26日の金曜日は高木さんが在廊し、きりえ実演や物販、ワークショップなどの開催が予定されています。

 

ワークショップ

きりえ体験講習として、オリジナルブックカバーを作るワークショップを開催。カッターナイフを使って切った作品を、専用ケースに入れて作ります。

日程:2018年1月12(金)、1月26日(金)
時間:14:00〜、16:00〜
人数:各回4名
対象:小学3年生以上
費用:2,500円(材料費含む)
申込:kirieya@me.com

 

高木亮きりえ展〜ナイフで切り取る物語

期間:2018年1月6日(土)~2018年2月12日(月)
時間:10:00~18:00
定休:火曜、水曜
入場:無料

会場:東急リバブル田園調布センター 1Fコミュニティプレイス

東京都大田区田園調布2-49-16
RK-III 1F

<アクセス>
東急東横線 田園調布駅 徒歩1分
東急目黒線 田園調布駅 徒歩1分

本展は1ヶ月以上開催されていますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

参考:可愛い猫の切り絵が飛び回る!きりえや高木亮氏の個展が吉祥寺で開催

TAG :