岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」山形県で4/14〜開催、映画上映もあるニャ

動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ふるさとのねこ」が2018年4月14日(土)から、山形県にある天童市美術館で開催されます。

岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」山形県で4/14〜開催、映画上映もあるニャ(C) Tendo City Museum of Art

 


写真展「ふるさとのねこ」

岩合光昭 写真展「ふるさとのねこ」は、青森県の津軽地方で暮らす猫たちの写真で構成される展示会です。

「花咲く春」「夏の祭り」「リンゴ実る秋」「そして深く長い冬」と続いていく津軽の四季。

この地に日本の原風景を感じた岩合さんは「子猫と人との暮らし」に密着し、1年をかけて撮影を実施。その様子はNHK BSプレミアムの人気猫番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」でも放送されて大きな反響を呼びました。

本写真展では、そんな津軽で生きる子猫たちの物語を春・夏・秋・冬の4部構成に分けて写真を展示。日本の美しい原風景が色濃く残る「ふるさと」と、そこで暮らす猫たちの成長の物語を感じられる展示内容となっています。

 

展示作品イメージ

「ふるさと」津軽の猫写真1岩合さんと出会った頃はまだ仔猫 ⓒMitsuaki Iwago

「ふるさと」津軽の猫写真2兄弟で仲良くお散歩していました ⓒMitsuaki Iwago

「ふるさと」津軽の猫写真8そんな猫たちがたくましく成長 ⓒMitsuaki Iwago

「ふるさと」津軽の猫写真6リンゴ農園ならではの光景も ⓒMitsuaki Iwago

※写真引用:crevis.co.jp
※実際の展示構成&内容は一部異なる場合があります。

 

ギャラリートーク

写真展の会期中は以下の日程で、同館の学芸員が展示作品などの解説を行うギャラリートークが行われます。

<日程>
2018年4月15日(日)
2018年4月21日(土)
2018年4月29日(日・祝)
2018年5月20日(日)

<時間>
各回とも14:00〜

 

猫の写真を大募集

写真展の終了日までに愛猫や外で出会った猫などを撮影した自慢のネコ写真を持参すると、同館の専用スペースに展示してもらえるほか、本写真展の招待券を1枚プレゼントしてもらえます。

募集期間:2018年4月1日〜2018年5月20日
受付場所:美術館受付

※写真の大きさはL版(90×130mm)
※応募点数は1人1枚まで
※人物が写っている写真は応募不可
※展示後の写真返却は不可

 

映画の上映会

会期中の4月21(土)には、NHK BSプレミアムで放送中の人気テレビ番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」を映画化した作品、劇場版「岩合光昭の世界ネコ歩きコトラ家族と世界のいいコたち」の上映会が開催。

本写真展の撮影地である青森の農村で暮らす猫たちに、岩合さんが1年間かけて密着した人気映画を鑑賞することができます。

<上映会>
日程:2018年4月21日(土)
時間:18:00〜
場所:同館 会議室
料金:無料(入館料は必要)

同館の開館時間は通常18:00までとなっていますが、4月21日は、しだれ桜のライトアップに合わせて特別に20:00まで開館しています。

 

写真展概要

名称:岩合光昭 写真展「ふるさとのねこ」
会期:2018年4月14日(土)~5月20日(日)
休館:月曜(会期中)
時間:9:30〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
入場:500円/高大生300円/小中学生200円
※身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳の提示で入場料半額(同伴の介護者は無料)

会場:天童市美術館

山形県天童市老野森1-2-2