フットサルクラブが異例の取り組み!猫についてZoomで語り合う「湘ニャンベルマーレ集会」

新型コロナウイルスの影響により、ビジネスの現場ではビデオ通話システムを使った会議が急速に普及していますが、試合の開催が困難なスポーツ業界においても、選手とファンの交流の場として用いられるケースが増えてきました。

神奈川県小田原市をホームタウンとする湘南ベルマーレフットサルクラブでは、Web会議サービスの「Zoom」を使った選手交流会を4月に2度実施。

オンライン型の選手交流会「BUZZMARE 2nd inベルマーレZoomアリーナ」

通常はホームゲーム終了後に行われている選手交流会をオンラインで体験できるという試みで、専用チケットを購入したファンを事務局側がランダムにグループ分けし、そこへ選手も参加。

ファンは日頃から聞いてみたかったことを質問したり、スクリーンショットで写真撮影するといったWEBならではの機能を活用したりして、対面で行っていた交流をオンラインで代替する取り組みを行っています。

そんな同クラブが2020年5月2日(土)に開催するのは、ニャンと愛猫家を対象にした「湘ニャンベルマーレ集会」というオンラインイベント。

Zoomで猫について語りあう湘南ベルマーレのフットサルクラブのイベント「湘ニャンベルマーレ集会」

スポーツクラブが猫のイベントを開催するのは意外な感じがしますが、実は同クラブで監督を務める奥村敬人さんは2匹の猫を飼っている大の愛猫家で、自身のインスタグラム(@keitokumura)で日々愛猫たちの写真を投稿している猫スタグラマーなのです。

また同チームには監督だけでなく、SNSなどで愛猫の写真を公開しているスタッフや選手がいたことから、湘南ベルマーレをもじった「#湘ニャンベルマーレ」というハッシュタグが誕生。これまではハッシュタグを通じたSNS上でのコミュニケーションにとどまっていましたが、イベント化されるのは今回が初めてなのだとか。



気になるイベントの内容は、「Zoom」に奥村監督とネコ好きな人々が集まり60分かけて溢れる猫愛を熱く語り合うというもので、フットサルの話は一切なし。参加者による自己&ネコ紹介、事前のアンケートで募集したテーマによる座談会、集合写真の撮影などが予定されており、ネコ好きな人であれば誰でも参加することができます。

MCは同チームの佐藤伸也GM(ゼネラルマネージャー)が務めるほか、奥村監督の愛猫であるエキゾチックショートヘアのぺぺちゃんと、保護猫のパブロちゃんによる登場も予定されています。

参加方法は5月2日(日)の11:00までに専用フォーム(form.run/@shonyan-bellmare)からの申込、またはオンラインチケット(shonyan-bellmare.peatix.com)を入手。いずれも先着順で1席(1デバイス)につき1人での観戦(参加)となりますが、猫は何匹でも同席できるほか、顔出しが恥ずかしい人は猫のみの参加もOKとなっています。

費用は無料となっていますので、ネコ好きな人は気軽に参加してみては。

<開催日時>
日時:2020年5月2日(土) 14:22〜15:22

<ゲスト>
湘南ベルマーレフットサルクラブ監督 兼 猫スタグラマー
奥村敬人氏(愛猫:ぺぺちゃん、パブロちゃん)

<会場MC>
佐藤伸也GM(愛猫:むぎちゃん、もかちゃん、めろちゃん)

<参考>
救世主現るッ…!新型コロナ患者のペットを無償で預かってくれる取り組みをアニコムが開始
世界中のノートPCの半分は猫に占拠されている!?イギリスの首相官邸ネコが情報提供を呼びかけ

(C) NONPROFIT ORGANIZATION SHONAN BELLMARE SPORTS CLUB

最近の投稿