ヨルシカの最新曲「夜行」、映画『泣きたい私は猫をかぶる』の挿入歌に決定!W監督のコメントも公開

今年の6月に公開予定の長編アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』で主題歌を担当するヨルシカの最新曲「夜行」が、新たに劇中の挿入歌に起用されることが発表されました。

アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』メインビジュアル

本作は、小学四年生の主人公が街に突如現れたペンギンの謎を解明しようする物語を描いた映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018)にて、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞とファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞したアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編映画の第2弾。

<STORY>
クラスメイトから「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生、笹木美代(ささき・みよ)(声・志田未来)。彼女はクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)(声・花江夏樹)に熱烈な思いを寄せ、毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない…。それでもめげずにアプローチを続ける彼女には、誰にも言えないとっておきの秘密があった――。

監督は「美少女戦士セーラームーン」「新世紀エヴァンゲリオン」など90年代の日本アニメーションを支えてきた佐藤順一氏と、スタジオジブリ入社後『千と千尋の神隠し』などに携わり本作で監督デビューを飾る柴山智隆氏の2名。声の出演は志田未来と花江夏樹が多感で繊細な中学2年生のムゲと日之出をダブル主演で務めるほか、ムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主を山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師をおぎやはぎの小木博明らが演じるなど、豪華キャスト陣が参加することでも注目を集めています。

書き下ろし楽曲「花に亡霊」で主題歌を担当するのは、これまでに顔出しを一切していないにも関わらずMV総再生回数が2.9億回を突破するという、驚異の人気を誇るアーティスト「ヨルシカ」。

本作で初めて映画主題歌に抜擢されたこともあり大きな話題となっていましたが、今回新たに3月4日にリリースされた楽曲「夜行」も本作の挿入歌であることが明かされました。



すでにネット上では、ファンによる歌唱や弾き語り動画が多数アップされるなど、人気楽曲として注目されている「夜行」。

実は、本作のW監督である佐藤順一監督と柴山智隆監督が、ヨルシカのメンバー”n-buna(ナブナ)”と”suis(スイ)”と、映画の世界観について直接語り合い、イメージを共有したうえで生み出された楽曲なのだとか。

すでに解禁されている「夜行」のミュージックビデオは、映画の制作を行ったスタジオコロリドが担当し、時折あらわれる街の景色が本作の舞台である愛知県常滑市をモチーフにしていることから、早くもSNSを中心に“泣き猫”との関係性が取り沙汰されていました。

また、挿入歌の発表に合わせて、佐藤監督と柴山監督からは以下のコメントが寄せられています。

ーー佐藤順一監督
『夜行』はヨルシカさんに完成途中の作品を観てもらって作ってもらいました。日之出が主人公・ムゲの本当の気持ちを知った場面なので、普通はかなりしっとりした曲になるところですが、ヨルシカさんの曲ならば、ややリズムのあるちょっと切ない系の曲もよいのではと試していただくことに。曲をはじめて聞いたとき、言葉が意味を超えて心の風景を描くように紡がれたヨルシカさんらしい楽曲が出来たと感じて嬉しかったです。ムゲや日之出の感情と組み合わさることで更なる広がりがイメージできました。

ーー柴山智隆監督
音響監督でもある佐藤監督からは、「作品に寄り添い過ぎなくても大丈夫」というようなお話があったと記憶しています。『夜行』が届いて、はじめて映像に合わせて曲を聴いたときにはイメージがふわっと拡がっていくような感覚があって驚きました。日之出の心情を大切にしていただきつつも、次々と浮かんでくる情景が心地よくて、その日から毎日のように聴いています。素晴らしい楽曲をありがとうございました。

作品情報

<作品情報>
題名:泣きたい私は猫をかぶる
出演:志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
監督:佐藤順一 柴山智隆
脚本:岡田麿里
主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ
公開:2020年6月5日(金)


<参考>
人間を捨てて猫として生きるのか…?新作アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』新たな場面写真を公開
小野賢章や浪川大輔ら人気声優も参加決定!映画『泣きたい私は猫をかぶる』追加キャスト6名を公開

© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

最近の投稿