アニメ「ねこねこ日本史」の第5期がスタート!主題歌はGirls²、ASOBOiSM、近藤利樹らが担当

歴史上の人物に扮した「猫」のキャラクターが繰り広げるゆる~い日本史を描いたテレビアニメ「ねこねこ日本史」の第5期放送が2020年4月8日(水)よりNHKEテレで開始されます。

テレビアニメ「ねこねこ日本史」の第5期メインビジュアル

原作は『猫ピッチャー』などの作品で知られる漫画家・そにしけんじ氏が描く同名の漫画作品で、「もしも、あの偉人が猫だったら…?」という設定を元に卑弥呼や聖徳太子、紫式部、織田信長、坂本龍馬など、日本の歴史上の偉人がカワイイ猫になってストーリーを展開していく、もう一つのゆる~い日本史を楽しめる歴史コメディー。

2016年4月からはテレビアニメの放送も開始され、今年の2月には128話・第4期までの放送を終えていましたが、今月からは待望の第5期がスタート。注目の初回は「邪馬台国を守れ、女王・卑弥呼!」のエピソードが放送されます。

<あらすじ>
はるか昔のねこねこ日本、邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)は不思議な力を使って国をまとめていた。しかし、大きな争いが起きてしまい、海の向こうの国である魏に助けを求めることにした。いくら待っても助けは来ずに混乱は増すばかり。どうする卑弥呼!?

TVアニメでは原作に登場しないキャラクターが登場したり、オリジナルのストーリーや展開が見られたりするほか、期が変わるごとにテーマ曲が刷新されるのも見どころの一つ。

現在、第5期の放送に先立ち主題歌情報が解禁されており、各アーティストのコメントなども公開されています。


オープニング主題歌を務めるのは、3組のガールズグループから集結した9人のヒロインで構成される次世代ガールズ・パフォーマンスグループ「Girls²」。

次世代ガールズ・パフォーマンスグループ「Girls²(ガールズガールズ)」
Girls²(ガールズガールズ)

大人顔負けのパフォーマンスで幅広い世代から人気を博しているGirls²が歌う楽曲は、2月に公開された『映画 ねこねこ日本史 ~龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ!~』の主題歌楽曲にも起用された『ぐるぐる』に決定。

リーダーの鶴屋美咲さんからは以下のコメントが寄せられています。

「ぐるぐる」が、またまた『ねこねこ日本史』に関われてとっても嬉しいです!!今回のオープニング映像は、とにかくぐるぐるしていてとっても可愛いです…!日本地図さえもまわっているところが面白い!笑
そして「ぐるぐる」の振付を踊ってくれている部分があって私たち的にはかなり胸熱です。ありがとうございます!とってもキュートなオープニングなので、是非毎回観て欲しいです!

(Girls² 鶴屋美咲)

もう一方のエンディング主題歌「ねこじゃらそーかけるまほうひみこ」は、若手ラッパー&ウクレレ奏者によるコラボ楽曲。

次世代型ガールズシティポップサウンドで若者からの注目を集め、働く女性のホンネを飾らずぶっちゃける新鋭ラッパーの「ASOBOiSM」と、7歳よりウクレレを始め11歳でソニーミュージックレーベルズよりメジャーデビューしたナニワの光速ウクレレプレイヤー近藤利樹による共作で、キャッチーなラップが楽しめる楽曲となっています。

ラッパーのASOBOiSM(アソボイズム)
ASOBOiSM(アソボイズム)

せっかくやらせていただくのであれば、ASOBOiSMらしいラップを取り入れた、今までとは違う「ねこねこ日本史」の主題歌にしたいと思っていたので、決まった時はすごく嬉しかったです。子供も大人も一緒に楽しめるような曲にできたらいいなと思い、掛け声をいれるなど、遊び心満載な曲に仕上がりました。
ぜひテレビの前のみなさんも「ひみこ!」と一緒に言ってくれたら嬉しいです!

(ASOBOiSM)

ナニワの光速ウクレレプレイヤーこと、ウクレレ奏者の近藤利樹
近藤利樹(こんどう としき)

今回、エンディングを担当すると初めて聞いた時は嬉しかったです!歴史はものすんごい苦手なんですけど、【ねこねこ日本史】なら、書いて覚えるよりは、僕的には楽しく覚えられる気がします(笑)
今回はウクレレだけじゃなくて、初めてラップにも挑戦しました!「ねこじゃらそー かけるまほう ひみこ!」 良かったら皆さんも一緒にラップしてみてください!

(近藤利樹)

アニメ「ねこねこ日本史」

<放送日程>
NHK Eテレ(天てれアニメ枠)にて、毎週水曜日午後6時45分から放送

<初回放送日>
2020年4月8日(水) 午後6時45分~

©2020そにしけんじ・実業之日本社/「ねこねこ日本史」製作委員会

友だち追加

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

最近の投稿