表紙はEXILE TRIBEの藤原樹と愛猫のマースくん!ライフスタイル雑誌「ねこ」の最新号が刊行

出版社のネコ・パブリッシングが定期的に発刊している雑誌「ねこ」の最新号(ねこ116号/2020年11月号)が2020年10月12日に発売されます。

同誌は身近な存在である「ねこ」とヒトの暮らしをさまざまな視点から紹介しているライフスタイル誌で、1月・4月・7月・10月の各12日に刊行。「ねこと人が心地よく暮らすこと」をテーマに、ねこと素敵に暮らす人、看板ねこのいるおしゃれなカフェ、ちいさな雑貨屋さんで見つけたねこモチーフの小物など、ネコ好きな人には気になる情報がたくさん掲載されています。

表紙にはサンシャイン池崎さん、最上もがさん、花江夏樹さんなど、毎回猫を飼っている著名人と愛猫の写真を起用するのが恒例となっていますが、最新号の「ねこ116号」には日本のダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のメンバーで、パフォーマーの藤原樹さんが登場しています。

(C) NEKO PUBLISHING CO.,LTD.

藤原さんと言えば、マンチカンのマースくんを飼っていることでも有名な愛猫家。



自身のInstagramには、クリスマス用のコスプレに身を包んだり、お風呂に入ったり、お布団でゴロゴロしている様子など、時折マースくんが登場してファンのみならずネコ好きな人々を魅了しています。

この投稿をInstagramで見る

藤原樹/Itsuki Fujiwara(@itsuki_fujiwara_official)がシェアした投稿

そんな藤原さんが同誌の表示を飾るのは113号(2020年2月号)に続き2回目で、今号もマースくんと一緒に登場。カメラに優しい眼差しを向ける藤原さんと、遠くを見つめているマースくんの対比が印象的な1枚で、巻頭8ページにわたる特集では愛猫とのスペシャルグラビアやインタビューなどが収録されています。

また、誌面には「特集 ねことインテリア」と題して猫がゴキゲンになる部屋を紹介しているほか、猫の妖精の冒険を描いた中国で人気の劇場版アニメ「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)」の日本語吹き替え版に声優として出演するフリーアナウンサーの宇垣美里さんのスペシャルインタビューも掲載。

インスタグラムとの連動企画として、一般公募した愛猫の写真紹介コンテンツなども収録されています。

書名:ねこ116号 2020年11月号
出版:ネコ・パブリッシング
発売:2020年10月12日
定価:1,000円+税

<参考>
猫の人気ラグビー漫画「ラガーにゃん」第3巻が発売!ぬいぐるみとLINEスタンプの新作もあるニャ
キジトラ猫は好きですか…?キジトラ&キジシロ柄の猫だけを収録したマニア向け写真集が登場
河川敷に捨てられたネコを守ろうとしたのは…3人のおじさんだった!書籍「おじさんと河原猫」

(C) NEKO PUBLISHING CO.,LTD.

最近の投稿