猫雑貨と猫好きな人々が集うイベント「ニャンフェス7」が4月に開催

東京都台東区の浅草で2018年4月8日(日)、猫をモチーフにした雑貨の販売イベント「ニャンフェス7」が開催されます。

猫雑貨イベント「ニャンフェス7」

ニャンフェスとは、日本全国の猫作家や猫雑貨が集まる展示&販売会で、7回目の開催を迎える今回はプロのクリエイターから趣味で作っている製作者、ハンドメイドを始めたばかりの人、ギャラリーや店舗の販売者など総勢300ものブースが出店。

過去のニャンフェスの様子過去のニャンフェスの様子

会場にはオリジナルの猫のイラスト、猫の本、猫の写真、猫の雑貨など猫をモチーフにした作品・猫用品が並ぶほか、出展者や来場者は猫好きな人たちばかりなので、展示物を見たり雑貨を買ったりして楽しむだけでなく、猫好きの人同士で交流しながら楽しめるイベントとなっています。

 


出展者紹介(一部)

<アトリエアイリス>猫の油絵 by 作家:アトリエアイリス
猫ちゃんの素敵な旅を描いた油絵作品、イラストを入れ替えて楽しめるミニあんどん照明「にゃんどん」などを販売。

 
<Mazzy’s clay>肉球カップ by 作家:Mazzy’s clay
京都在住の陶芸作家。底に肉球がデザインされているカップなどを販売。

 
<ひるねや>羊毛フェルトで作った猫 by 作家:ひるねや
羊毛フェルトで作ったいろんな種類の猫をはじめ、置き物、ストラップ、ブローチ、ポストカードなどを販売。

 
<cocoron>ネコのブローチ by 作家:cocoron
オーブン陶土でひとつひとつ手作りした一点もののネコのブローチなどを販売。

 
<Bibitail>猫のスマホケース by 作家:Bibitail
猫をモチーフにしたデザインのシール、ポストカードなどのペーパーアイテム、スマホケースなどを販売。

 
<yorimichi>肩乗り猫Tシャツ by 作家:yorimichi
肩乗り猫Tシャツ。キジトラ、サバトラ、黒猫、白猫、ロシアンブルー。いろんな猫のデザインがラインナップ。

 
<猫の事務所>猫グッズ by 作家:猫の事務所
猫も飼い主さんも使って嬉しいアイテムを製作。日本酒柄の「酔いどれキッカー猫政宗」などを販売。

 

前売り券発売中

ニャンフェスでは毎回多くの人々が訪れるため、会場の混雑を緩和することを目的に、チケットの種類で入場できる時間帯に制限が設けられています。

チケットには「前売り券」と「当日券」があり、前売り券を購入すると当日券の購入者よりも2時間早く入場して、ひと足先に会場内を楽しむことができます。

猫雑貨が大集合するイベント、ニャンフェスの開催風景

一方、当日券の購入者は滞在時間が3時間ほどになりますので、すべてのブースをゆっくりと見て回るのは難しいかもしれません。また、人気のお店やアイテムによっては売り切れてしまうこともあるでしょう。

チケット料金は前売り券、当日券どちらも同じ500円。前売り券の販売はすでに始まっていますが、売り切れ次第終了となってしまいますので、ニャンフェスに行ってみようと思っている方は、事前に前売り券を購入することをお勧めします。

 

イベント概要

名称:ニャンフェス7
日時:2018年4月8日(日)11:00~16:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館5階

<前売券>
価格:500円
販売:イープラス、スマチケ、Famiポートで販売中

<当日券>
価格:券500円
販売:イベント当日13:00から会場で販売

画像提供:ニャンフェス実行委員会: