ネコ好きな天才学者・南方熊楠の展覧会「熊楠と猫」が6/5〜開催

ネコ好きな博物学者・民俗学者として知られる南方熊楠(みなかた くまぐす)の資料を展示する「熊楠と猫」展が2018年6月5日から東京都杉並区にあるギャラリーで開催されます。

南方熊楠(みなかた くまぐす)の資料を展示する「熊楠と猫」展

南方熊楠は19歳から約14年間アメリカやイギリスにの海外留学し、学問を学ぶ傍ら珍しい菌類や植物などの採集活動を実施。

英語やフランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語など十数ヶ国の言語に通じていたとされ、さまざまな言語の文献を読みこなし、イギリスの科学誌「ネイチャ-」をはじめ国内外で数多くの論文を発表しているほか、粘菌(ねんきん)類の採集・研究では新しい種70種を発見。

民俗学の分野では柳田国男と深い交流を図り日本民俗学の誕生と発展に多大な影響を与えるなど、多くの学問的成果を残した人物として知られています。

南方熊楠の写真南方熊楠

一方で南方熊楠は愛猫家としての一面も持ち合わせており、イギリスから帰国した熊楠が当時婚約中だった松枝の元を訪れる際には居候先の飼い猫を連れて会うための口実を作っていたり、熊楠が飼うほとんどの猫に「チョボ六」と名付けて可愛がっていたなど、猫にまつわるエピソードも多く、自身で描いた猫の絵も数多く残しています。

本展ではそれらの絵をパネル化するとともに、熊楠による猫の論文資料なども展示されます。

 


展示作品イメージ

南方熊楠が描いた猫の絵 by 「熊楠と猫」展

南方熊楠が描いたたくさんの猫 by 「熊楠と猫」展

南方熊楠が描いた白黒猫の絵 by 「熊楠と猫」展

南方熊楠が描いた囲炉裏の側でくつろぐ猫の絵 by 「熊楠と猫」展

南方熊楠が描いたぶち猫の絵 by 「熊楠と猫」展

 

ギャラリートーク

会期中の6月8日~6月10日の間は、各日16:00より30分ほどのギャラリートークを開催。熊楠と猫に関する全体的な解説に加えて、日によって異なるテーマを詳しく取り上げる予定となっています。

日程:2018年6月8日(金)
話者:伊藤慎吾氏(国際日本文化研究所客員准教授)
内容:熊楠の俳句にあらわれた猫

日程:2018年6月9日(土)
話者:岸本昌也氏(武蔵大学非常勤講師)
内容:南方家に福をもたらした猫

日程:2018年6月10日(日)
話者:志村真幸氏(慶應義塾大学非常勤講師)
内容:ロンドン時代の熊楠と猫の交流

 

会場&グッズ

本展は東京都杉並区、高円寺にある「ギャラリー来舎(KIYA)」にて開催。

東京都杉並区、高円寺にある「ギャラリー来舎」の外観ギャラリー来舎

会場では熊楠の猫の絵をモチーフにした絵ハガキやマスキングテープ、手ぬぐいなどのグッズも販売されます。

南方熊楠の猫の絵をデザインした手ぬぐい手ぬぐい

南方熊楠の猫の絵をデザインしたポストカードポストカード

 

展示会 概要

名称:「熊楠と猫」展
期間:2018年6月5日(火)〜6月10日(日)
時間:12:00〜18:00

会場:ギャラリー来舎

東京都杉並区高円寺北2-37-5-102
高円寺駅 北口 徒歩5分

画像提供:(C) 南方熊楠顕彰館

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。