牛の鼻にスリスリする子猫がマジで天使すぎる!映画「世界ネコ歩き」第2弾の予告映像を公開

動物写真家・岩合光昭さんが監督を務める第2弾のドキュメンタリー映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』。公開まで残り10日ほどに迫った本日、新しい予告編映像が公開されました。

映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』 のポスター&メインビジュアル
新年の注目ネコ映画

「ネコの家族愛」をテーマに、ミャンマーの湖上と北海道の牧場で1年をかけて撮影を行った本作。新たに解禁された映像に収録されているのは、種族を超えた仲良しコンビによる仲睦まじい姿です。

北海道のとある牧場で暮らすハチワレ模様の子ネコが訪れたのは、自分とおそろいの黒白模様を持つ「子ウシ」がいる部屋。

牛舎の中を歩く黒白ハチワレ猫 by 『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』
今日の宿はどこにしようかニャ

そこには冷たい風をしのぐための壁があり、床には温かい干し草が敷き詰められていて、まさに冬の寒さをしのぐには絶好の場所です。

子ネコは部屋の主である子ウシに遠慮しながら休憩する…かと思いきや、自分の頭を子ウシの鼻にスリスリと一生懸命こすりつけてマーキング。続いて鼻をペロペロと舐めてあげる徹底ぶりで、匂い付けをしているというより、子ウシに甘えているようにも見えます。

牛の鼻に頭をこすりつけてマーキングする黒白ハチワレ猫 by 『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』
熱烈な愛情表現をする子ネコ

部屋には他のウシがおらず、本来なら1頭で過ごしていたであろうところを、子ネコが来てくれて嬉しかったのかもしれません。子ウシは嫌がる素振りもみせずに、子ネコのスキンシップをじっと受け止める。その光景は親と子、あるいは飼い主と飼い猫のような深い関係性が感じられます。

ひとしきりスリスリして満足したのか、丸くなってスヤスヤと眠りはじめる子ネコ。
その姿をみて安心したのか、腰をおろして並んで添い寝する子ウシ。

寄り添い合ってお昼寝する子牛と子猫 by 『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』
同じ模様で気が合うのかも!?

体の大きさはまったく違うけれど、同じ白黒模様の2頭はまるで種を超えた家族のようで、映像からは牛舎に漂う温かく穏やかな雰囲気が伝わってきます。

映画本編ではこの他にも、同じ牧場で暮らしている他のネコたちにも密着していて、先日解禁された予告編映像ではネコの毛づくろいをする子ウシの様子を公開。今回とは逆パターンのスキンシップで、ネコの柄もハチワレではなく茶白だったことから、複数の猫がそれぞれウシと良好な関係を築きながら共生している様子がうかがえます。

北海道の牧場で暮らす猫たち by 『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』
牧場にはネコがいっぱい

本作は2021年1月8日(金)より全国の映画館にて順次上映が開始される予定で、翌1月9日(土)には岩合監督とナレーションを務めた中村倫也さんによる舞台挨拶も実施することが決定。

新宿ピカデリー9:00の回(上映終了後)、ユナイテッド・シネマ豊洲11:15の回(上映終了後)、同シネマ13:55の回(上映開始前)の計3度行われる予定となっています。

<参考>
岩合さんの新作ネコ写真展がスタート!北海道とミャンマーで暮らすネコ家族の写真110点を展示
子猫が湖に落下!助けようとする母猫の仕草がグッとくる、映画「世界ネコ歩き」第2弾の予告映像を公開
ミャンマーの猫が湖で豪快にダイブ!映画「岩合光昭の世界ネコ歩き」第2弾の予告映像が公開

©「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き2」製作委員会 ©Mitsuaki Iwago

最近の投稿