猫アニメ「こねこのチー ポンポンらー大旅行」が遂に最終回、プレゼントキャンペーンも実施中

9月30日に最終回を迎える世界中で人気の猫アニメ「こねこのチー ポンポンらー大旅行」。当日は30分のスペシャル版が放送されます。

猫アニメ「こねこのチー ポンポンらー大旅行」のワンシーン

アニメ「こねこのチー」の原作となるチーズスイートホームは、2004年に連載が始まった「こなみかなた」氏によるマンガ作品で、迷子になってしまった子猫の「チー」が心優しい山田家に拾われて幸せな日々を送る姿を描いた心温まるストーリー。

2016年から放送されたシリーズ第3期「こねこのチー ポンポンらー大冒険」では、日本の子ども向けアニメとしては珍しく立体感のある3DCG作品(3次元コンピュータグラフィックス)の制作を開始。今年の4月からは、3DCGアニメの第2弾となる「こねこのチー ポンポンらー大旅行」がテレビ東京系列の6局で放送されています。

ヨウヘイと遊ぶこねこのチー by 「こねこのチー ポンポンらー大旅行」

そんな半年にわたって放送されてきた「こねこのチー ポンポンらー大旅行」も、いよいよ今月末で最終回。当日は通常の15分よりも多い30分の拡大バージョンとして朝7時から放送される予定となっています。

「こねこのチー ポンポンらー大旅行」の最終回

最終回を迎えるにあたり、同作品で監督を務めている草野公紀氏から視聴者に向けたコメントが寄せられています。

これまで応援していただきまして、本当にありがとうございました。最終回は、山田家が舞台となるお話です。いつもの、当たり前の、幸せで居心地の良い時間を描きます。ほんわかと楽しんでいただければ幸いです。
これでひとまず「こねこのチー」は放映終了となります。いつかまた、チーと皆様が会えることを願っています。きっと叶うと思います。

 


また、チーの表情豊かで素直なキャラクターや独特の言葉使いは国内だけでなく海外からの人気も高く、2016年の秋からはAmazon Primeにて全世界200以上の国と地域で配信が始まり、中国本土でも最大手7社で配信。

特にフランスでは2012年から5年連続で子供向けマンガの売上が1位になるなど高い人気を誇っていて、今年の7月には毎年フランスで開催されている日本や日本文化をテーマにした総合博覧会、「Japan Expo(ジャパンエキスポ)」のオフィシャルレポーターとして会場で活躍しました。

ちーの公式サイトではTVアニメの最終回を前に、ジャパンエキスポでの特別映像が公開されています。

ジャパンエキスポ2018に登場したこねこのチー日本の文化をアピール

フランスのファンと触れ合うこねこのチー by ジャパンエキスポ2018フランスのファンと触れ合うチー

フランスのファンと記念撮影をする「こねこのチー」 by ジャパンエキスポ2018みんなで記念撮影した様子も

また、「こねこのチー ポンポンらー大旅行」の最終回スペシャル放送を記念して、現在Twitterでのプレゼントキャンペーンも実施中。

こねこのチー公式アカウント(@chi_ssweethome)をフォローして、キャンペーンの投稿をリツイートした人の中から抽選で、アニメの声役を務めた声優陣(こおろぎさとみさん、白石涼子さん、坂本真綾さん、保村真さん、くまいもとこさん他)のサイン入りポスターが5名にプレゼントしてもらえます。

TVアニメ「こねこのチー ポンポンらー大旅行」の声優陣によるサイン入りポスター

プレゼントキャンペーンへの応募期限は2018年10月7日(日)23:59までとなっています。

(C) こなみかなた・講談社/こねこのチー製作委員会