ローソンから猫になった気分で食べれるおにぎりが登場!その名も「にゃんこめし」

コンビニエンスストア大手のLAWSON(ローソン)から、新しいおにぎり製品「にゃんこめし」が10月29日に発売されます。

LAWSON(ローソン)の新作おにぎり「にゃんこめし 梅」
こんなおにぎり見たことニャい…

ローソンのおにぎりと言えば、「チキンラーメン風おにぎり」「どん兵衛(きつね)風おにぎり」「悪魔のおにぎり」など、個性的な商品を発売することで知られていますが、今回登場する「にゃんこめし」は表面に猫のシルエットがデザインされた、おにぎりとは思えないパッケージが特徴的。

見た目の可愛さだけでついつい手が伸びてしまいそうなおにぎりですが、味にもこだわっていて、日本では馴染み深い「猫まんま」を再現しています。

大辞泉によると「猫まんま」とは、『猫に与える餌。また、米飯にかつお節と醤油、または味噌汁などをかけた人の食事。ねこめし。』を表す言葉。一説によると、戦国時代には既に似たようなレシピが存在していたと言われています。

猫まんまのイメージ写真
シンプルな材料で作れるニャ



そんな猫まんまをイメージして開発された「にゃんこめし(梅)」は、ちりめんを混ぜ込んだご飯の表面にかつお節をまぶし、中の具には相性の良い種抜きの梅をトッピング。そのまま食べるのはもちろん、電子レンジで温めても美味しく食べることができます。

「にゃんこめし」の味は2種類あり、「梅」以外にも「チーズ」がラインナップ。

LAWSON(ローソン)の新作おにぎり「にゃんこめし チーズ」
こっちも美味しそう♪

白ごまを混ぜ込んだご飯の表面にかつお節をまぶし、その中に「チーズ」を入れたおにぎりで、もちろん温めてもOK。焦げ目を付けて焼きにおにぎりしてみるなど、アイディア次第でアレンジの幅も広がりそう。

公式サイトによると価格はいずれも1個145円で、店舗や地域によっては取扱いのない場合があるほか、数に限りがあるため無くなり次第終了になる場合もあるとのこと。

今日のお昼はコンビニのおにぎりで済ませるか…。そんな気分の時には、猫になったつもりで「にゃんこめし」をガツガツ食べれば、いつものコンビニ飯がもっと楽しくなるかも!?

気になる人は近くのローソンのお店をチェックしてみては。

品名  :にゃんこめし 梅
価格  :145円(税込)
発売日 :2019年10月29日
カロリー:185kcal

品名  :にゃんこめし チーズ
価格  :145円(税込)
発売日 :2019年10月29日
カロリー:206kcal

(C) Lawson, Inc.


最近の投稿