猫たちの悪巧みを再現できる!人気絵本「ノラネコぐんだん」のミニチュアフィギュア第2弾が登場

いたずら好きのワル可愛い猫たちが主人公の絵本シリーズ「ノラネコぐんだん」の第2弾となるミニチュアフィギュアが登場します。

インテリアにもぴったり

絵本作家の工藤ノリコさんが描く「ノラネコぐんだん」は、累計200万部を超える大人気の絵本シリーズ。

毎回8匹のノラネコたちがさまざまな悪巧みをしては、小さな間違いから「ドッカーン!」と爆発して、怒られ、反省する……といった展開を繰り返すほのぼのストーリーで、ふてぶてしいのにどこか憎めない性格や、無表情ながら愛らしい仕草、絵本の隅々まで描かれている緻密さなど1冊の中に見どころが満載。子供から大人まで幅広い人気を集めています。

そんな人気絵本に登場するキャラクターたちを小型化したアイテムが「ノラネコぐんだん ミニチュアフィギュア」。

第1弾の「どくしょ」

同じポーズのノラネコフィギュアを8体集めると絵本のワンシーンを再現できるというユニークな遊び方もあり、2019年4月に第1弾を発売して以来、販売個数が20万個を超えるヒットを続けています。

今回登場したのはその続編となるミニチュアフィギュアで、軍団たちが立ち去ろうとする時にお馴染みの台詞「それでは わたしたちは これで しつれいします」のポーズをはじめ、手ぬぐいを頭から被った姿や、双眼鏡を手に持って覗いている姿、美味しそうなものをみつけて舌をぺろりと出している姿など、 絵本の中に登場するノラネコたちが再現されています。

「しつれいします」
「はんせい(ほっかむり)」


「そうがんきょう」
「おいしそう」

また今回は、いつも仕事に全力で取り組む働き者の犬「ワンワンちゃん」と、お喋りするロボット「マーミーちゃん」。ユーザーから多くの要望が寄せられたという2つのキャラクターが新たに追加されています。

「ワンワンちゃん」
「マーミーちゃん」

各フィギュアの大きさは5.5cmほどで、ちょっとしたスペースに飾って楽しむことが可能。絵本のシーンを再現してみたり、第1弾のフィギュアと組み合わせて飾ったりして楽しむなど、たくさん集めることでノラネコぐんだんの世界がさらに広がります。

さらにミニチュアフィギュアには、ランダムでラッキーアイテムが同梱。運が良ければ、ワンワンちゃんの家の鳩時計に住むハト「パッポヒ」がりんごを食べている可愛らしい姿をゲットできる可能性も。

りんごを食べる「パッポヒ」

フィギュアの種類で何が出てくるのかワクワクするのはもちろん、おまけが当たるかドキドキしながら開封作業を楽しむことができそうです。

価格は1個400円で販売形態はカプセルマシン(カプセルトイ)、または中身が見えない箱型のブラインドボックスの2種類。

12月中旬ごろより全国のカプセルトイ売場や書店、ホビーショップ、オンラインストアをはじめ、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなどのお店でも順次発売される予定となっています。

ノラネコぐんだん ミニチュアフィギュア 第2弾 BOX版 9個入りBOX

<参考>
今回もドキドキのストーリー!人気絵本シリーズの最新刊「ノラネコぐんだん ケーキをたべる」
読み終わったらカレーが食べたくなる!人気絵本シリーズの最新刊「ノラネコぐんだん カレーライス」
猫のマイキーがミニチュアサイズに♪リサ・ラーソンの作品を手軽に飾れるカプセルフィギュアが発売中

(C) Noriko Kudoh ⁄ HAKUSENSHA

最近の投稿