交番にいたのは…言葉を話す猫!?海辺の町で起こる不思議で優しい物語『おまわりさんと招き猫』

人の言葉をしゃべる猫と、新米警察官が織りなすやさしい物語を描いた小説『おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常』が10月20日に刊行されました。

書籍『おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常』表紙イメージ
表紙イメージ

物語の舞台は、下町情緒あふれるのどかな海辺の町。町の入り口にぽつんと建っている交番には昔から一匹の太った猫が住みついていて、その姿が焼いたおもちに見えることから「おもちさん」と呼ばれ、町のマスコットのような存在として住人たちに可愛がられています。

そんな交番へ異動でやってきたのが主人公の若い新人警察官。彼を待ち受けていたのは、気まぐれながらも見守り影から支えてくれる猫の「おもちさん」と、お節介で優しい町の人々。そして町にそっと溶け込み、折々に姿をあらわす不思議な「あやかし」たち。

「あやかし」が人間と触れ合ったことから起こる事件を、しゃべる猫の「おもちさん」と、新人おまわりさんが解決していく心温まる物語が展開していきます。

猫と新米警察官の優しい物語『おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常』メインビジュアル
「おもちさん」と主人公の新米警察官

<ストーリー>
海辺の町の下町商店街・かつぶし町の交番に赴任した、おまわりさんの小槇悠介(こまき・ゆうすけ)。この交番にはずっと昔から、人の言葉を話す謎の猫・おもちさんが住み着いている。

「相手の声を聞こうとする気持ちさえあれば、案外なんとかなるものですにゃ」

町の人々から愛されるおもちさんは、触ると願いが叶うとか、おやつをあげるといいことがあるとか、いろいろな言い伝えがあるらしい。でもそれが本当かどうかは、誰も知らない。そんな彼らの周りには、優しい町の人々だけでなく、さまざまなあやかしの姿もあってーー。

百鬼夜行に巻き込まれたり、河童に恩返しされたり、突然の神隠しもあり!?
人と人ならざるモノのあわいで起こる、ふしぎで優しい物語。

<目次>
おいでませ、かつぶし町/迷子と口下手/ジュブナイル/大騒ぎはお断り/夏に至る/わだつみの石/キュウリ泥棒/狐の社の神隠し/憧憬、そして今/おまわりさんと招き猫/番外編 土地神様と油揚げ

10月20日からは本書の発売を記念して「御書印プロジェクト」とのコラボキャンペーンがTwitterで開催中。

「御書印」とは書店と人を結ぶ印のことで、神社やお寺を参拝したときにもらえる「御朱印」の本屋パージョンのようなもの。全国の300を超える参加店で「御書印ください」と伝えると、有料で書店のオリジナル印を含む3つの印を押してもらうことができるほか、訪問した日付と書店員が選んだフレーズ(縁のある本のタイトルや一節)を記入してもらえるというもので、店舗を巡りながら印を集めることで、書店や本との新たな出会いを楽しめるプロジェクトとして2020年3月より展開されています。

現在開催中のキャンペーンでは、ことのは文庫公式Twitterアカウント(@kotonoha_mm)をフォローして、プレゼントコラボ企画のツイートをリツイートした人の中から1名に『おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常』と御書印帖特装版をプレゼント。

プレゼントの『おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常』と御書印帖特装版
書籍+御書印帖

応募は2021年11月19日(金)の23:59まで受け付けています。

書名:おまわりさんと招き猫 あやかしの町のふしぎな日常
著者:植原 翠/装画:ショウイチ
頁数:288ページ(文庫)
出版:マイクロマガジン社
発売:2021年10月20日

<参考>
白猫が導く、ちょっぴり大人の青春小説『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』
猫を自転車に乗せたまま国境をこえてゆく!バックパッカーの世界一周旅行記「ナラの世界へ」
寒い冬は…ネコのお話でほっこり暖まるニャ!村山早紀さんの新しい短編集「約束の猫」

(C) MICRO MAGAZINE, INC.

友だち追加
オーエフティー
¥52,030 (2022/05/17 11:53:52時点 Amazon調べ-詳細)
記事の掲載依頼広告・媒体資料
友だち追加
オーエフティー
¥52,030 (2022/05/17 11:53:52時点 Amazon調べ-詳細)
記事の掲載依頼広告・媒体資料

最近の投稿