猫写真家・沖 昌之さんの誕生秘話も公開!六本木でトーク&サイン会が3/27に開催

「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」などの写真集でお馴染み、猫写真家の沖昌之さんによるトーク&サイン会が3月27日(水)、東京の六本木駅前にある本屋「文喫(ぶんきつ)」で開催されます。

沖 昌之さんの新刊「明日はきっとうまくいく」刊行記念トークショー in 文喫のメインビジュアル
(C) Masayuki Oki

これは沖さんの新刊「明日はきっとうまくいく」が今月発売されたことを記念して行われるイベント。

同書は猫の連続する写真と共に元気のでる言葉などが一緒に添えられていて、落ち込みがちな気分の時に読むと、沖昌之さんが撮った猫たちと言葉が励まし元気づけてくれる写真集で、トーク会ではその撮影ハプニングや未収録写真などを紹介するほか、トーク会の企画が決まったいきさつなどについても語られます。

沖昌之さんによる新しい写真集「明日はきっとうまくいく」の表紙
(C) Asahi Shimbun Publications Inc.

また沖さんといえば、アパレル企業のカメラマンを経て独立した写真家として知られていますが、今回はゲストとして会社員時代の元上司・ひがし紀子さんが登場。

猫写真家・沖 昌之さんの誕生秘話についてもトークが展開される予定となっています。


 

会場となるのは、昨年12月にオープンしたばかりの本屋「文喫(ぶんきつ)」。

エントランスの奥にある、本が陳列されたスペースには1,500円の入場料を支払って入店するという珍しいタイプのお店で、書棚には人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約3万冊の書籍を陳列。デスクと椅子が並んだ閲覧室をはじめグループで利用できる研究室、食事ができる喫茶室など、全部で90の座席が用意されています。

コーヒーと煎茶は無料で何杯でも頼むことができ、店内には1日何時間いてもOK。満席の場合は入場規制が行われるため、一人でじっくり本と向き合いながら吟味することができます。

今回のトーク会は事前予約制で、料金は入場料+イベント料込みで2,000円となっていますが、新刊「明日はきっとうまくいく」を加えたお得な書籍セット(サイン会あり)も2,800円で販売中。申込は電話(03-6438-9120)またはメール(roppongi@libroplus.co.jp)にて受け付けているほか、書籍セットの場合はeチケットも販売されています。


<沖 昌之トーク&サイン会>
日程:2019年3月27日(水)
時間:19:00~21:00(18:30開場)

<文喫 BUNKITSU>
営業:9:00~23:00(L.O.22:30)
定休:不定休
入場:1,500円

<アクセス>

東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F

参考:気分が落ち込んだ時に読みたい猫本、沖昌之さんの新刊「明日はきっとうまくいく」