科学館の企画展「にゃがさきネコ展 ~ネコを科学する~」2/2まで開催中

長崎県にある長崎市科学館(別名スターシップ)にて現在、冬の企画展「にゃがさきネコ展 ~ネコを科学する~」が開催されています。

長崎市科学館(スターシップ)の外観(C)Nagasaki Science Museum

本展は同館の猫好きスタッフらによる自主企画展で、「猫の高い運動能力とそれを生み出すのはなにか」といったテーマなど、猫について科学の面から調査した内容を中心に知られざる猫のヒミツについて紹介する展示会です。

展示内容は「猫の生態と歴史について」「猫のものすごい運動能力」「猫にまつわる雑学紹介」「猫の折り紙工作」「猫探しゲーム」「猫グッズ特設販売」など、6つのブースに分けて公開。

長崎市科学館(別名スターシップ)の企画展、「にゃがさきネコ展 ~ネコを科学する~」(C)Nagasaki Science Museum

猫の名前の由来や人間と生活し始めた時期など猫の歴史や生態について学べるほか、猫が誇る運動能力のヒミツや猫の体に隠された知られざる能力などについても紹介。猫の目からはまわりがどう見えるのか、猫の目の見え方を体験できる道具も登場します。

そのほか、雑学紹介のブースでは猫が嫌いなニオイ、猫という文字を使う慣用句や生き物、猫の不思議な行動などについても紹介されています。

本展の協力者には、尾曲がり猫の調査・研究を行っている「長崎尾曲がりネコ学会」や、地域ねこ活動に関わる人々をサポートする「ながさき地域ねこ活動支援ネットワーク」、「ねこの秘密(文春新書)」や「ねこはすごい(朝日新書)」などの著者で猫博士として知られる西南学院大学准教授の山根明弘氏などの専門家が名を連ねており、「ネコを科学する」に相応しい展示内容となっています。

 

自慢のネコ写真を大募集

同館では企画展の開催に合わせて自慢のネコ写真を募集しており、写真を送ると館内の専用スペースに展示してもらうことができます。当初は2018年1月8日までの受付となっていましたが、現在は1月21日(日)まで受付期間が延長されています。

■応募方法
Eメールに写真を添付して送信。受信後、科学館よりメールで返信。
※返信がない場合は電話にて確認

■記入事項
・メールの件名「ピクニャー応募写真」。
・メールの本文に「ペンネーム」「写真のタイトル」「写真へひとこと」を記載。

■宛先
starship@nagasaki-city.ed.jp

■備考
・写真に人物が写る場合は本人の承諾が必要
・応募写真は科学館SNS・報道で使用する場合あり
・応募数が多い場合は展示を入れ替える場合あり
・写真の返却は不可

 

にゃがさきネコ展 ~ネコを科学する~

期間:2017年12月2日(土)~2018年2月2日(金)
時間:9:30〜17:00
休館:月曜、2018/1/10
料金:観覧無料

会場:長崎市科学館 2F 学習室

長崎県長崎市油木町7-2

TAG :